最近のSNSの利用傾向を確認する 〜 2017年版

 

SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)には、それぞれのサービスを利用するユーザーの年代や性別の傾向があります。

効果的にSNSを利用するためには、SNSユーザーの傾向を知っておくことはとても重要です。

 

Instagramが急成長 40〜50代の伸び率が特に大きい

ニールセンデジタルが9月26日に発表したデータでは、Instagramの利用者数の増加が大きく、特に男女ともに40代、50代以上の年代の伸び率が大きいことがわかります。

NSTAGRAMアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破 ~ニールセン SNSの最新利用状況を発表~ より

Instagramアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破 ~ニールセン SNSの最新利用状況を発表~

 

主要SNSの傾向

Twitter、Facebook、Instagramの2017年8月の性別と年代の構成比は下記のようになっています。

INSTAGRAMアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破 ~ニールセン SNSの最新利用状況を発表~ より

Instagramは女性のユーザーが多く、Twitter、Facebookは男女構成比はほぼ同率といった状態ですね。

29歳以下のTwitterの利用率が大きいのが目を引きますが、10代のユーザーではリアルな付き合いはLINE、その他はTwitter、また情報収集もTwitterという利用のされ方をしているようです。

 

また、Instagramが急成長している反面、Facebookの伸び率が鈍化しています。

INSTAGRAMアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破 ~ニールセン SNSの最新利用状況を発表~ より

10〜20代は元々Facebookユーザーが少ない傾向でしたが、20代以上でもFacebookでの付き合い方に疲れてしまい、離れるユーザーも増えているようです。

Facebookは今年7月から9月の決算では大幅な増収増益という報道がありますが、SNSの伸び率では鈍化傾向で、既存ユーザーのFacebook離れもあるようです。

フェイスブック 大幅な増収増益 スマホ向け広告伸びる | NHKニュース

 

ターゲットによってSNSの使い分けを

例えば10〜20代のユーザーが中心のサイトでFacebookを使うより、TwitterやInstagramを使った方が目に触れる機会は多いでしょうし、高い年代の方がターゲットの場合は、Facebookを活用するのが有効です。

アピールしたい年代や性別を想定して、それぞれのSNSを使い分ける、絞って使うということが大切です。

Instagramアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破 ~ニールセン SNSの最新利用状況を発表~

 

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当

1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi – Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です