複数のSNSを利用することも増えていますが、それぞれに投稿していくのは大変です。
SNSには他のSNSと連携して同時投稿できる機能があるので、この機能を有効活用し、効率的に投稿していきましょう。

複数のSNSに同時投稿する

先日、あるお店のTwitterに「今後はTwitterではなくInstagramに情報を掲載していきます」という投稿を見つけました。
多分、TwitterよりInstagramの方が効果があるだろう、Instagramの方が人気のようだ・・・ということで、SNSでの情報発信をTwitterからInstagramに移行したのだと思いますが、これは実にもったいないことです。
SNSには複数のSNSを連携し同時投稿できる機能やサービスがあるので、一方をやめて移行するのではなく同時に運用しても手間は増えません。

Instagramアプリの場合

Instagramは一般的にスマホアプリで投稿することが多いと思いますが、Instagramアプリには他のSNSやブログとの連携機能があるので、簡単に連携投稿することができます。
新規投稿の画面下部に連携可能なサービスがあるので、ここで連携(同時投稿)したいサービスが並んでいます。
初めて有効化する際にログイン画面が出るのでログインし有効化すれば、次回からは選択するだけでOK。Instagramに投稿されるのと同じタイミングで投稿されます。

連携可能なサービス

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Ameba
  • ミクシィ

Meta Business Suiteの場合

Meta(旧Facebook)ではMeta Business Suiteというサービスがあり、FacebookページとInstagramの同時投稿・予約投稿ができます。

予約投稿では、自分で日時を指定する予約の他、インサイト(アクセス解析)をもとにユーザーが多い時間帯を提案してくれる機能もあり、計画的な運用が可能です。

連携サービスを使う

様々なサービスを連携させて利用するIFTTT(イフト)のようなサービスを使えば、InstagramやMetaが用意していないサービスとの連携も可能です。

フジデンキの運用方法

フジデンキでは下記のような連携をして運用しています。

  • Meta Business Suite(Facebookページ・Instagram同時投稿) → IFTTT(Instagramの投稿があればTwitterに投稿する設定) → Twitter
  • Instagramアプリ (Facebookページ・Twitter・Tumblrに同時投稿)
  • 各ブログ → IFTTT(FeedをチェックしてSNSに投稿する設定) → Twitter・Facebookページ

IFTTTは無料プランでは作成できる連携は3つまでです。
フジデンキでは有料のプランを使用しています。

SNSはユーザーの属性に合わせて利用する

SNSは単純にユーザー数だけではなく、ユーザーの属性(性別や世代など)や目的、利用法にも違いがあるので、使い分けていくのがおすすめです。
せっかくアカウントを作って運用してきたSNSを放置するのももったいないですし、放置アカウントはイメージダウンにもなります。
連携機能を使えば、手間を増やすことなく複数のSNSを運用していけますので、ぜひ活用していきましょう!

 

いいね or フォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。