• SNS

SNSを継続するために・・・テンプレートを作り活用する

SNSで継続して情報発信をする・・・実際にやってみると、これがなかなか大変で継続するのは難しい。
そう感じている方も多いのではないでしょうか?
そんな方に試していただきたいのが「テンプレートを作り活用する」ということです。

テンプレート活用のススメ

フジデンキでは、営業日には「朝ツイート」というタスクを設定し、毎朝営業開始時間頃にTwitterとInstagramに投稿をしています。
投稿の内容は様々。

パソコン修理の案内だったり・・・。

営業日の案内だったり・・・。

 

大抵は、開店前の店内清掃を終えて、仕事を始める前に投稿していますが、たまに朝イチでお客様が来店されると遅れることがありますが、それでもできるだけ毎日投稿するよう心がけています。

SNSの投稿なんてスマホでパパッとできるんだから簡単! 毎日投稿するなんて楽勝でしょ?
・・・実際にやっている方、そうですか?
ネタを考え、写真を用意して、ハッシュタグを付けて投稿するということを「毎日」行うって、思っている以上に大変です。

そこで、フジデンキでは定期投稿にはテンプレートを作って活用しています。

 

フジデンキのSNSテンプレート

SNSの投稿はテキスト+写真の組み合わせになるので、それぞれのテンプレートを作ります。

作成するツールは何でもいいですが、フジデンキでは最近、Googleドキュメントを使っています。
Googleアカウントがあれば、Windows、Mac、iOS、Androidなど、様々なデバイスでも利用できるのが便利です。

GoogleドキュメントのデータはGoogleドライブに保存されるので、SNS投稿用テンプレートのフォルダを作ってまとめておきます。

投稿のカテゴリに応じてファイルを作り、その中には数パターンの投稿内容を書いておきます。
投稿内容+内容に応じたURL+内容に応じたタッシュタグの組み合わせです。

 

投稿内容が決まると、それにあわせた画像を作成します。

自分でデジカメで撮った写真や、無料の素材サイトの写真を用意して、Canvaというサービスを使って、SNS投稿用の写真を作っています。
Canvamには様々なテンプレートが用意されているので、目的に合わせて利用できます。フジデンキではInstagram投稿用のテンプレートを使って作ることが多いです。

Canva

作成した写真は、OneDriveやGoogleドライブなどのクラウドストレージに置いておくと、どのデバイスからでも利用できるので便利です。

 

投稿でもひと工夫

Instagramの投稿はスマホアプリでしかできないと思われがちですが、パソコンから投稿することもできます。
Facebook Business Suiteというサービスでは、InstagramのプロアカウントをFacebookページと連携することで、パソコンから投稿でき、FacebookページとInstagramの同時投稿も可能になるのです。

フジデンキではさらにInstagramの投稿を、Twitterに連携して投稿する設定もしているので、Facebookページ・Instagram・Iwitterの3つのSNSに同時投稿ができるようになっています。
・・・このあたりの設定方法は後日改めて記事にします。

 

まとめ

投稿内容や写真はある程度のサイクルで変更していきます。
写真に季節感を持たせるので、季節に合わせるくらいのサイクルだといいかな? と思います。

あらかじめ投稿内容や写真を用意しておけば、コピーして貼り付けし、それにあわせた写真を選んで投稿するだけで済みます。
もちろん、定期投稿以外にも臨機応変に投稿はしていますが、定期投稿を行うことで、投稿期間が空くことがなくこまめな情報発信を継続していくことができます。

定期投稿では下記の記事も運用の参考になりますのでご一読を。

 

関連記事

  1. CanvaとInstagramの組み合わせはSNS活用の大きな武器にな…

  2. LINE公式アカウントを活用するために欠かせないサイト

  3. イマドキのSNS活用事情〜2018年10月

  4. 要注意!Twitterの休眠アカウントが削除されます(追記あり)

  5. SNSが名刺代わりになる時代がやってくる

  6. お店や会社でInstagramを使ってみたい、と思う方におすすめの記事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine