WordPress、公開から18年

WordPressはこの5月で公開から18年になったそうです。
世界のウェブサイトの40%がWordPressで作られている・・・と言われるまでに成長したのはすごいですね。

WordPress 公開から18年

2021年5月27日でWordPressは18歳になりました。

菊地がWordPressに触れたのは、日本独自のバージョンとして開発されていたWordPress MEが最初で、時期的には2000年代半ばだったように思います。
当時はMovable Type(ムーバブルタイプ)やXoops(ズープス)など、レンタルサーバーにインストールしてウェブサイトをあれこれと試している時期で、WordPressの固定ページの扱い方に可能性を見出して(当時はブログを作るプログラムのような感覚だった。)本格的に使うようになりました。それ以来ですから15年以上の付き合いになります。

下記のページの年表にもありますが、当時はMovable TypeとWordPressのどちらを使うかで悩んでいたのですが、Movable Typeの有料化がきっかけとなり、無料で利用できるWordPressを本格的に使うようになりました。

 

間もなくWordPress 5.8公開

WordPressは常に進化を続けていますが、この7月20日にWordPress 5.8が公開予定です。
7月1日にはWordPress 5.8リリース候補版が公開され、順調に開発が進んでいるようです。

 

WordPress 5.8では、Internet Explorer 11のサポートが終了しますので、ウェブ担当者さんはご注意ください。
記事の作成等でIEを使っている方は、EdgeやChromeなど他のブラウザに乗り換えましょう。

 

 

関連記事

  1. WordPress安全対策 ニックネームを設定する

  2. WordPress 4.9.7 セキュリティ・メンテナンスリリース

  3. WordPress 5.2.4が公開されました

  4. WordPressで使っているPHPのバージョンは?

  5. WordPressはInternet Explorer 11のサポート…

  6. WordPress 4.9.5 セキュリティ・メンテナンスリリース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine