• SNS

CanvaとInstagramの組み合わせはSNS活用の大きな武器になる

 

SNSの中でも最近注目度が高いのはInstagram(インスタグラム)ですが、注目されるためにはインパクトのある写真を使うことが重要。
そんな時に役立つのが Canva(キャンバ)というサービスです。

Canvaの豊富なテンプレートを活用する

Canvaはこれまでも何度かこのブログで紹介している画像加工サービスです。

Canvaの大きな魅力のひとつに豊富なテンプレートがあります。

Instagram投稿用のテンプレートもあり、1080×1080pxのサイズで画像が作成できます。

Instagramストーリー用のテンプレートもあり、1080×1920pxのサイズで画像が作成できます。

 

使いたい写真を用意したらCanvaのテンプレートを選び、文字を変えたり写真を挿入したりして、好みのスタイルの写真を作ることができます。
単純に文字入れをするよりインパクトがあって、目を引く画像になりますね。

 

InstagramはTwitterとFacebookを連携して使う

InstagramはTwitterやFacebookと連携して使うのがおすすめ!
Instagramに投稿をすると、TwitterやFacebookページに自動的に投稿されるようにすることができます。

Canvaで画像を作成し、Instagramに投稿をすると、TwitterとFacebookページにも同時に投稿されるという流れを作れば、複数のSNSを手間をかけずに活用できます。

 

Instagramアプリで自動投稿

InstagramアプリにはTwitterやFacebookページに同時投稿する機能があるので、これを使えば簡単に同時投稿が可能です。

この場合投稿は、3つのSNSほぼ同時に投稿されるようです。

 

パソコンではFacebookクリエイタースタジオとIFTTTを使う

Instagramを効率的に使うには、パソコンから投稿する仕組みを作っておくこと。
Facebookクリエイタースタジオを使うと、パソコンからInstagramに投稿でき、さらに予約投稿などの機能も使えます。

この場合、他のSNSと連携させるには、IFTTTを使います。

 

フジデンキではFacebookクリエイタースタジオを使い、InstagramからTwitterとFacebookに自動投稿をする仕組みを使って活用していますが、InstagramでもTwitterの140文字制限以内で投稿することをすれば、数時間以内に自動投稿されるようです。

 

まとめ

効率よく作業するには、あらかじめ仕組みを作っておくことが重要です。

例えば「iPhoneで撮影して、Canvaで画像を作って、Instagramアプリで投稿する」という場合は、すべてiPhoneで行うこともできますが、Canvaでの加工はアプリよりパソコンの方が楽。
なので・・・

iPhoneで撮影
  ↓
Googleフォトに自動バックアップ
  ↓
パソコンでGoogleフォトを開き画像をダウンロード
  ↓
Canvaで画像作成
  ↓
FacebookクリエイタースタジオでInstagramに投稿

という流れがスムーズです。

※スマホのInstagramアプリで投稿したい場合は、GoogleフォトやDropbox、OneDriveなどに画像をアップロードして、スマホでダウンロードしてInstagramアプリで投稿することができます。

 

関連記事

  1. LINE公式カウントのマニュアルを入手する

  2. SNSの国内月間アクティブユーザー数を知るー2019年12月版

  3. お店はググらず インスタで探す〜イマドキのお店探し

  4. Google+ が4月2日に終了します

  5. Facebookページの間違った使い方

  6. ウェブサイトの情報拡散には効果的にSNSを使う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 9月 02日

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine