SNS全盛だからこそ しっかりとウェブサイトをつくる

TwitterやInstagramなどのSNSの普及は著しく、手軽に情報を発信できるメディアとして、お店や会社の情報発信ツールとしての利用も増加の一途です。
しかし、継続的にしっかりとした情報発信を行っていくのであれば、しっかりとしたウェブサイトをつくることも忘れてはいけません。

手軽に始められるSNS

新しいお店ができると、InstagramやTwitterのアカウントをPRしているところが多いです。
導入のためのハードルも低く、拡散力も期待できるので、とりあえずSNSを・・・というところだと思います。

また、SNS+無料のブログやウェブサイトサービスの組み合わせもよく見かけますね。

 

SNSの弱点

TwitterやInstagramのようなSNSは、情報が時系列で流れていくスタイルで、過去の情報を振り返って見ることには向きません。
フォローしている数が多いユーザーの場合はタイムラインの流れは速く、目にすることなく流れていく情報の方が多いでしょう。

SNSの性質上、過去の情報を振り返ったり、まとまった情報をチェックするということには不向きなので、提供する情報は一過性のものということになります。
ここがSNSの弱点でもあります。

 

ウェブサイトでSNSの弱点をカバーする

ウェブサイトはいつも同じところに情報があるので、ユーザーが好きなときにアクセスして利用することが可能。
SNSで発信する情報もお知らせやブログなどで掲載しておけば、見たい情報を好きなときに見ることができます。
カテゴリーやタグ、月単位のアーカイブなどの機能を使えば、過去の記事を見返すことも簡単であり、情報を蓄積して活用できる場になります。

また、SNSの投稿にウェブサイトやお知らせ、ブログの記事のURLをリンクすることで、SNSからウェブサイトへ誘導するという手法も使えます。
ウェブサイトのお知らせやブログにはFeed(RSS)機能があり、これを利用するとお知らせやブログからSNSへ自動投稿することもできます。

 

SNS

 

ウェブサイトを中心に置く

お店や会社のネット活用の基本はウェブサイトである、ということを意識しましょう。
ウェブサイトを中心に、ブログやTwitter、Instagram、Facebook、LINE公式アカウントといったツールを活用することが有効です。

SNSを活用する、SNSで成果を上げたいのであれば、ウェブサイトを充実させるということ実践しましょう。

 

関連記事

  1. Googleマイビジネスに有料化の噂はそれだけ価値があるということ

  2. 新ドメイン .blog が登録可能になりました

  3. レンタルサーバー ロリポップで独自SSLが無料で利用可能になりました

  4. ウェブサイトとPDFファイルの良好な関係とは?

  5. IE、EdgeのFlash対応は2020年末まで

  6. ウェブ担当者さんにおすすめの3アプリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine