SNSに投稿する画像を加工したいけど、画像ソフトもないし操作が面倒で・・・と思っている方は多いと思います。
そんな方におすすめなのがブラウザで利用できる画像作成ツールです。

ブラウザで利用できる画像作成ツール

今回紹介するのは、専用アプリのインストール不要、ブラウザで利用できる画像作成ツールです。
基本機能は無料で利用できるのですが、その機能でも十分実用になるので、SNSの画像をパワーアップさせたい方におすすめのツールです。

Canva

Canva(キャンバ)はもはや定番と言っていいツールです。
無料アカウントでも豊富なテンプレートや素材、フォントが利用でき、簡単に"映える"画像を作ることができます。

Canva

自分で撮影した写真やフリー素材を使って画像を作ることもできます。
この記事のアイキャッチは unDraw というフリー素材のイラストを使って、Canvaで文字入れをしています。

作成した画像はダウンロードして利用しますが、Canvaにも保存されるため再利用・再加工することもできます。

 

Adobe Creative Cloud Express

最近サービス開始したAdobe Creative Cloud Express(以下 CC Express)も大注目です!
なんといってもPhotoshopやIllustratorを開発するAdobeが提供するサービスなので、その機能の高さは保証付き。

サービスの内容はCanvaと同じような感覚で、Canvaを使った経験がある方はなじみやすいと思います。
テンプレートや素材も豊富です。

 

SNSは画像で差別化を!

SNSで投稿を目立たせたいなら画像を工夫することが重要です。
特にInstagramのように画像メインのSNSでは画像だけで伝えたいことを伝えられるような工夫が必要です。
今回紹介したツールは通常の投稿だけでなく、ストーリーなどにも対応しているので幅広く活用できます。
CanvaとCC Expressはテンプレートや素材にそれぞれの違いがあるので、両方使えるようにして使い分けてみるといいでしょう。

Canva

 

いいね or フォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。