Canvaを使えばキレイなSNS用の画像を簡単に作ることができる

 

お店や会社でSNSを運用している方も多いと思いますが、投稿する際にテキストの情報だけでなく、投稿内容に合った画像も一緒に掲載することで、より目に付きやすい投稿になります。
そんなSNS用の画像を簡単に作る方法があるので紹介します。

CanvaはSNSテンプレートが充実している

Canvaは様々なテンプレートと写真や画像の素材が用意されたウェブサービスで、基本機能は無料で利用できます。

Canvaの大きな魅力は、豊富なテンプレートや写真、画像、フォントが用意されていて、ブラウザ上で簡単に見た目のいい画像を作ることができる、という点です。
InstagramやTwitter、FacebookなどのSNS、ポストカードやポスターなどの印刷物など、様々なテンプレートが豊富に用意されています。

 

専用ソフト不要! ブラウザで作成できる

Canvaはウェブアプリなので、専用ソフト不要。ブラウザでログインすればすぐ画像を作ることができます。
下記が作成画面。左側のリストからベースにしたいテンプレートを選んで作成します。

テンプレートでは写真の変更、テキストやフォントの変更も自由なので、テンプレートで基本的なイメージを作り、内容を変えていくという作り方が簡単です。
写真や画像は手持ちのものをアップロードして使うこともできます。

作成したものは保存されているので、それをベースに使い回すことも可能。実際に使い始めると、この機能が便利で重宝しています。

 

お知らせも画像なら注目度アップ

お店や会社からのお知らせなども画像を作成して投稿するとインパクトがあります。
特にInstagramのような写真メインのSNSでは効果大ですし、作成した画像はInstagramだけではなく、Twitterやブログ等で使うこともできます。

  • セールの案内
  • 商品やサービスの紹介
  • 定休日のお知らせ
  • 年末年始や大型連休時の営業案内
  • スタッフ募集

画像にして投稿できることはたくさんありますね。

Canvaは投稿用の画像だけでなく、SNSのアカウントページ上部の画像=ヘッダーのテンプレートが用意されています。
そのSNSに最適なサイズのテンプレートなので、これを利用してヘッダーを作ればSNSアカウントページの見た目もぐっとよくなります。

何よりも簡単に作ることができるというのがいいですね。Canva、ぜひ活用していきましょう!

 

関連記事

  1. Canvaで既存写真に文字入れする方法

  2. Chrome 69はFlashへの制限がさらに厳しくなる

  3. ChromeのFlashからHTML5への完全移行は2017年10月に…

  4. Evernotenのコードブロック機能でキレイにコードを保存する

  5. ChatWorkのススメ

  6. マイクロソフトのブログエディタ Live Writer のサポートが終…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine