WordPress 5.9に搭載されるフルサイト編集機能とは?

間もまく公開されるWordPress 5.9には、フルサイト編集機能 が搭載されます。
それはいったいどんな機能なのでしょうか?

WordPress 5.9に搭載されるフルサイト編集機能とは?

2022年1月25日に公開予定のWordPressの新バージョン、WordPress 5.9には フルサイト編集(Full Site Editing)という機能が搭載されます。

これは現在搭載されているブロックエディタのGutenberg(グーテンベルグ)をさらに発展させ、ウェブサイト全体をブロックエディタで組み立てられるようにする機能です。

これまではサイト全体のデザインはテーマに依存した設計でしたが、フルサイト編集機能を使えばサイト全体をWordPressでデザインすることが可能になります。CSSやPHPのコードを書かなくても(編集しなくても)いい、いわゆるノーコードでサイト全体を作ることができるようになるということになります。

 

 

フルサイト編集に対応したテーマも登場しています。

 

専門的な知識がなくてもウェブサイトを作ることができる時代へ

WordPress 5.9のフルサイト編集機能でどの程度までできるかはまだわかりませんが、そんなに凝ったサイトでなければWordPress単独でもそれなりのサイトを作ることができるでしょうし、フルサイト編集に対応したテーマが普及すれば基礎部分をテーマにまかせて細かいデザインを自由に調整するということもできます。

現時点でもいいテーマを選べばテーマ自体のカスタマイズをする機会はかなり減っています。
以前は子テーマを設定してCSSやPHPをカスタマイズするのが当たり前でしたが、最近はテーマに装備されている機能だけで済むことが多くなっています。
フルサイト編集機能が充実し、テーマも対応してきたらますます便利になりますね。

WordPress 5.9は専門的な知識がなくても、それなりのウェブサイトを作ることができる時代の入り口になるかもしれません。
我々ウェブ屋もこれからの仕事の内容を見直していくことになるのかも・・・。

 

 

関連記事

  1. 【重要】WordPress 4.9.4 メンテナンスリリースへ手動更新…

  2. WordPressの基本を理解する

  3. WordPress 4.8.3 セキュリティリリースの提供開始

  4. WordPress 4.9が公開されました

  5. WordPressを安全に使うためにやっておきたい5つのこと

  6. 1日75万件の攻撃に晒される! レンタルサーバーの脅威動向レポート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine