WordPress 5.0から採用されたブロックエディタも安定し、十分実用になります。
まだクラシックエディタをお使いの方も、そろそろブロックエディタを使ってみては?
そんなときに役立つブロックエディタの使い方を解説しているおすすめのサイトを紹介します。

表現力が格段にアップするブロックエディタ

これまでのクラシックエディタはワープロ的な記事の作り方でしたが、ブロックエディタはパーツをブロック単位で組み合わせて記事を作るスタイルになります。
ブロックには様々なものがあり、これを組み合わせることで表現力が格段にアップします。

例えば、クラシックエディタ標準機能では難しい、テーブル(表)も下記のようなものが簡単に作ることができます。

テーブルブロック使用例

カラム1カラム2カラム3
データ112345
データ267890
データ3ABCDE
データ4FGHIJ

カラムブロック使用例

このような画像とテキストを並べるなども、カラムブロックを使って簡単にできます。

ブロックエディタの使い方は下記のサイトを参考に

WordPressのブロックエディタの使い方は解説しているサイトがあるので、そちらを参考にして学ぶことができます。

レンタルサーバーのエックスサーバーが運営する初心者のためのブログ始め方講座の解説です。

こちらもレンタルサーバーのカゴヤが運営するカゴヤのサーバー研究室の解説。

書籍で学びたい方は下記がおすすめです。

1冊ですべて身につくWordPress入門講座

1冊ですべて身につくWordPress入門講座

Mana
1,980円(07/22 01:10時点)
発売日: 2022/03/22
Amazonの情報を掲載しています

クラシックエディタと共存も可能だが注意も必要

従来のクラシックエディタとブロックエディタを共存して使うこともできますが、クラシックエディタで作成したものをブロックエディタで編集する、またその逆を行うと編集内容が崩れることがあります。
クラシックエディタで作成したページや記事はそのままにし、新たに作るページや記事はブロックエディタで作るようにするのがおすすめです。

クラシックエディタはWordPress 5.0以降では標準機能ではなく、プラグインでの提供になっていますが、クラシックエディタプラグインのサポートもいつまで続くかはっきりしない部分もあり、そろそろブロックエディタメインでの運用に切り替える時期がきていると言えます。

WordPressの新エディタ Gutenberg について

  WordPress 5.0から標準のエディタとして搭載されたGutenbergですが、その評判や普及は今ひとつで、導入を控える例も多いです。 果たしてGutenbergの実力はいかに?…

いいね or フォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です