GoogleがHTTPS(SSL)化推進に向けて動き出します

 

GoogleのHTTP(SSL)化推進が本格的に動き出します。

ウェブサイトの常時SSL化を本気で考える時期がきました。

 

ChromeでHTTPサイトへの警告表示を1月から開始

Googleは、2017年1月から、ログインやクレジットカード番号の入力を含むウェブページが、HTTPS(SSL)による暗号化通信をしていない場合、安全ではない(Not Secure)という警告を表示するようになります。

この仕様は1月公開予定のChromeのバージョン56からサポートされます。

「Chrome」でHTTP接続サイトへの警告表示、1月に開始へ

 

GoogleのHTTPS化推進が本格始動する

Googleは以前から、安全ではないHTTPサイトを区別するという長期計画を発表しており、今回のChromeの仕様変更はその第一歩になります。

2015年には、HTTPSページが優先的にインデックスに登録されるという発表もしています。

HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

HTTPS化は、Googleのそのウェブサイトへの評価も左右することなので、非常に重要な事項です。

Yahoo! JAPANの常時SSL化も、2017年3月には完了する予定ですし、ウェブサイトは常時SSL化したHTTPSサイトが標準、という時代になるのは間違いないでしょう。

ウェブサイトは常時SSLが標準になる | 3061.jp @FUJIDENKI

 

HTTPS(SSL)化のタイミングは?

既存のウェブサイトをHTTPS化するのは大変な作業になります。
規模が大きければ大きいだけ大変です。

HTTPS化の一番いいタイミングは、ウェブサイトのリニューアル時です。

コンテンツやデザイン、仕様の見直しで、ウェブサイトをリニューアルする際に、HTTPS化も合わせて行えば、一番スムーズにHTTPS化できます。

ウェブサイトリニューアル時に抑えておきたい 7つのこと | 3061.jp @FUJIDENKI

もちろん、新規でウェブサイトを立ち上げる際は、最初からHTTPS化で制作することです。

ウェブ担当者さん、ウェブサイトオーナーさんは、常時SSL化(HTTPS化)について、検討していくことをおすすめします。

 

常時SSL化(HTTPS化)サイト前提で制作しています

3061.jp では、2016年春以降に制作・リニューアルするサイトでは、常時SSL化サイトにすることを前提で提案しています。

自社サイトも2016年春にすべて常時SSL化しております。

現在制作中のウェブサイトは、当初の計画を変更し、常時SSL化サイトで再設計し制作を進めています。

 

関連記事

  1. ムームードメインのWordPressのホスティングサービス

  2. 背景や文字に黒(ピュアブラック)は使わない

  3. ウェブサイトを作るときに検討したいこと

  4. ロリポップで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

  5. エックサーバーで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

  6. ウェブサイトのリニューアルで失敗しないために検討すべき5つのこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog