mixhostのHTTPS化サイトで設定する301リダイレクト

 

mixhostというレンタルサーバーでWordPressサイトを構築する機会があり、当然のことながらHTTPS化サイトなわけで、恒例の301リダイレクト設定をしたので、その情報をまとめてみます。

 

mixhostはSSL自動設定のレンタルサーバー

一般的なレンタルサーバーではHTTPS化のためのSSL証明書の設定はオプションであり、無料のものでもユーザー側でドメイン単位でSSLの設定しなければなりません。

しかし、mixhostはドメインを設定するだけで全自動でSSLの設定がされるようになっています。

 

実際に2つのドメイン、ひとつは他サーバーからの移転、もうひとつは新規取得で設定を行いましたが、SSLを設定する必要はなく、ネームサーバーに設定が反映された時点でHTTPS化サイトになっていました。

HTTPS化サイトが標準という今の時代、これは楽でいいですね。
・・・いずれどのレンタルサーバーもこのようになるのかもしれません。

 



 

HTTP→HTTPSのリダイレクト設定は必要

SSL自動設定のmixhostでも、http://〜 でアクセスした際に https://〜 にリダイレクトしてくれる設定は自動ではありません。

mixhostで http://〜 から https://〜 にリダイレクトする方法は3つの方法が用意されています。

  1. Really Simple SSL プラグイン(WordPressのプラグイン)を使用する
    ※WordPressサイトの場合
  2. cPanel(mixhostのコントロールパネル)のリダイレクト機能を利用する
  3. .htaccessを編集する

 

.htaccessを編集する方法

どの方法でもいいのですが、どのレンタルサーバーでもやっている.htaccessを編集するのが一番無難ですので、この方法で行います。

WordPressインストール後の .htaccess は下記のようになっています。

 

ここに、http://〜 でアクセスした際に https://〜 にリダイレクトしてくれるため、下記の記述を加えます。

 

上記を既存の記述のに書き加えます。
※後に書き加えても動作しません。

 

書き加えた .htaccess は、下記のようになります。

 

このファイルを元あったところに上書きアップロードすればOK。
サクッとリダイレクトしてくれるようになります。

 

HTTPS化の後は301リダイレクト設定を忘れずに!

http://〜 と https://〜 のサイトは別サイトとみなされるので、HTTPS化してもリダイレクトの設定をしていないと http://〜 のサイトを表示してしまいます。

HTTPS化した際は、リダイレクトの設定も忘れずに行うようにしましょう。

 

 

mixhostについて

mixhostは高速なピュアSSD RAID 10のハイスペックサーバーでWordPressの高速化にも対応、14日間の自動バックアップ、無料独自SSL証明書、稼働率99.99%など、安心して利用できる高性能サーバーが月額880円からというレンタルサーバーです。

アダルト利用も可※ という珍しいレンタルサーバーでもあります。
※合法なコンテンツに限る



 

関連記事

  1. 背景や文字に黒(ピュアブラック)は使わない

  2. 紙とはちがうのだよ、紙とは!

  3. 最近のアプリでよく使われるメニューアイコンの呼び名について

  4. Google翻訳を使ってウェブサイトを多言語化する方法

  5. エックサーバーで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

  6. ドメイン選びは慎重に!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. Facebook ビジネスマネージャー
  2. LINE活用
  3. ウェブサイトとブログ
お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog