エックサーバーで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

 

ウェブサイトのHTTPS化(常時SSL化)は標準仕様という流れは2018年、さらに強くなっています。

HTTPS化した際に欠かせないのがhttp:// でアクセスしたユーザーを、https:// のURLへ誘導する301リダイレクト。
今回はエックスサーバーでの設定をまとめてみます。

 

常時SSL化に欠かせない301リダイレクト設定

独自SSLを使ってウェブサイトを常時SSL化(HTTPS化)したら、忘れてはいけないのが、301リダイレクトの設定です。

これまでのURL ・・・ http://******.com/

HTTP化したURL ・・・ https://******.com/

HTTPS化するとURLが https:// になりますが、それ以前のURLは http:// であり、URLが異なります。

これまでどおり http:// のURLにアクセスすると、HTTPS化されていないサイトになってしまうので、http:// のURLにアクセスしたユーザーを、https:// のURLのサイトに転送(リダイレクト)する必要があります。

この転送をするのが、301リダイレクトという方法で、サーバーにある .htaccess ファイルで設定します。

 

エックスサーバーで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

WordPressをインストールしてあるロリポップのサーバーにある .htaccess では、下記のようになっていると思いますが、このファイルの先頭(# BEGIN WordPress の前)に 301リダイレクトの記述を追加します。

 

追加する301リダイレクトの記述は下記になります。

 

下記のように、必ず # BEGIN WoordPress の “前” に追加します。 そうしないと正常に働きません。

 

記述内容はネットの情報をみても微妙に違いがありますが、フジデンキでは上記設定で正常に動作しています。

 

まとめ

http:// と https:// は別サイトと見なされ、301リダイレクトの設定をしていないと、http:// と入力したり、http:// で記述したリンクでアクセスすると、HTTPS化されていない http:// サイトとして表示されます。

これでは安全性が保たれないので、301リダイレクトの設定をしてきちんと https:// のサイトが表示されるようにしておきましょう。

 

ロリポップで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト | 3061.jp @FUJIDENKI

HTTPサイトはすべて「安全ではない」表示へ! | 3061.jp @FUJIDENKI

 

関連記事

  1. 使われなくなった規格には理由がある

    使われなくなった規格には理由がある:フレーム

  2. Falshコンテンツが表示されない時代がやってきた

  3. 2017年 ウェブサイトはどう作る?

  4. ウェブサイトのリニューアルで失敗しないために検討すべき5つのこと

  5. ロリポップで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

  6. HTTPSサイトに欠かせないSSLとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. Facebook ビジネスマネージャー
  2. LINE活用
  3. ウェブサイトとブログ
お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog