エックサーバーで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

 

ウェブサイトのHTTPS化(常時SSL化)は標準仕様という流れは2018年、さらに強くなっています。

HTTPS化した際に欠かせないのがhttp:// でアクセスしたユーザーを、https:// のURLへ誘導する301リダイレクト。
今回はエックスサーバーでの設定をまとめてみます。

 

常時SSL化に欠かせない301リダイレクト設定

独自SSLを使ってウェブサイトを常時SSL化(HTTPS化)したら、忘れてはいけないのが、301リダイレクトの設定です。

これまでのURL ・・・ http://******.com/

HTTP化したURL ・・・ https://******.com/

HTTPS化するとURLが https:// になりますが、それ以前のURLは http:// であり、URLが異なります。

これまでどおり http:// のURLにアクセスすると、HTTPS化されていないサイトになってしまうので、http:// のURLにアクセスしたユーザーを、https:// のURLのサイトに転送(リダイレクト)する必要があります。

この転送をするのが、301リダイレクトという方法で、サーバーにある .htaccess ファイルで設定します。

 

エックスサーバーで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

WordPressをインストールしてあるロリポップのサーバーにある .htaccess では、下記のようになっていると思いますが、このファイルの先頭(# BEGIN WordPress の前)に 301リダイレクトの記述を追加します。

 

追加する301リダイレクトの記述は下記になります。

 

下記のように、必ず # BEGIN WoordPress の “前” に追加します。 そうしないと正常に働きません。

 

記述内容はネットの情報をみても微妙に違いがありますが、フジデンキでは上記設定で正常に動作しています。

 

まとめ

http:// と https:// は別サイトと見なされ、301リダイレクトの設定をしていないと、http:// と入力したり、http:// で記述したリンクでアクセスすると、HTTPS化されていない http:// サイトとして表示されます。

これでは安全性が保たれないので、301リダイレクトの設定をしてきちんと https:// のサイトが表示されるようにしておきましょう。

 

ロリポップで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト | 3061.jp @FUJIDENKI

HTTPサイトはすべて「安全ではない」表示へ! | 3061.jp @FUJIDENKI

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です