レンタルサーバーが続々とSSLを標準機能に

 

先日、さくらインターネットがさくらのレンタルサーバーで無料SSL証明書を設定可能にしました。

大手レンタルサーバーが続々と無料SSL証明書を標準機能に採用・・・という流れになっていますね。

 

無料SSL証明書が使えるのは当たり前の時代になるか?

無料SSL証明書の提供を最初に始めたのはエックスサーバーですが、その後ロリポップが提供を開始し、今回さくらインターネットが提供開始ということで、大手レンタルサーバーが続々と無料SSL証明書を標準機能に加えてきています。

さくらインターネットの「さくらのレンタルサーバ」、コントロールパネル上の簡単操作で無料SSL証明書「Let’s Encrypt」を設定可能に~「Let’s Encrypt」のシルバースポンサーとして参画し、常時SSL化推進に貢献~

 

ウェブサイトの常時SSL(HTTPS)化は順調に進んでいますが、大手レンタルサーバーの無料SSL証明書提供は、この流れをさらに加速させるものになるでしょう。

これまでは年間数千円から数万円の費用がかかった常時SSL化ですが、最低限の無料SSL証明書とはいえ、無料で常時SSL化することができるのはとてもありがたいことです。

ウェブサイトやブログのセキュリティ強化は当然ですが、SEO的にも常時SSL化されたURLは有利に働きますので、これからのウェブサイトやブログは常時SSL化された https:// のURLが標準仕様と考えていいでしょう。

 

レンタルサーバーは品質と予算で慎重に選ぶべし

レンタルサーバーの変更は、ウェブサイトやブログの引っ越し(WordPressサイトの場合はデータベースの引っ越しも)、利用している全メールの設定変更など、非常に多くの作業が発生し、移行期間中は一時的にサイトやメールが使えないこともあります。

できれば契約したレンタルサーバーを長く使い続けたいもの。
それには、できるだけ高品質で安定したサーバーを予算の範囲で選ぶことです。

 

フジデンキがおすすめするSSLが無料で使えるレンタルサーバー

エックスサーバー



月額1,000円のX10プランから。

多くのアクセスを集める人気ブログを運営するプロブロガーさんたちにも利用者が多く、アクセスが増えても表示が遅くならない高品質なサーバーとして信頼性が高いレンタルサーバーです。

フジデンキでもエックスサーバーのX10プランで複数のサイト・ブログを運用しています。

 

ロリポップ



月額100円のエコノミープランから。

低価格サーバーでは人気のロリポップ。WordPressでビジネスサイト&ブログを運用するなら、月額500円のスタンダードプランがおすすめです。

月額250円のライトプランで始めて、様子を見ながら上位のプランにアップグレードしていくこともできます。

レンタルサーバー ロリポップで独自SSLが無料で利用可能になりました | 3061.jp @FUJIDENKI

 

数字で見る 2017年のウェブサイト常時SSL化状況 | 3061.jp @FUJIDENKI

 

関連記事

  1. ウェブサイトをダメにしないためにする3つのこと

  2. 自社運営の通販システム、メンテナンスは実施していますか?

  3. 年間エディトリアルカレンダーを作ってみました

  4. Google Analyticsのデータ保存期間を無制限に設定しておき…

  5. エックスサーバーの高速化対策がスゴイ!

  6. ウェブサイトと新聞の共存

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog