WordPress 4.8.3 セキュリティリリースの提供開始

 

WordPress 4.8.3 セキュリティリリースの提供が開始されました。

 

WordPress4.8.3 セキュリティリリース

日本では昨日あたりからWordPress 4.8.3セキュリティリリースの提供が始まったようで、自動更新完了のメールが届きました。

フジデンキでは、サポート契約をさせていただいているWordPressサイトの通知も来るので、今朝はドカドカとメールが届いていました。

 

今回のWordPress 4.8.3は、4.8.2で不十分だったセキュリティの修正をしたバージョンです。

WordPress 4.8.3 Security Release

WordPressが「4.8.3」にアップデート、前バージョンで不十分だったSQLインジェクションの問題を修正

 

日本のWordPressサイトではまだ更新されていないようですが、既存のWordPressサイトに対しては、日本語版の4.8.3へのアップデートができるようになっています。

WordPressの自動更新が有効になっていれば、セキュリティリリースがあればチェックして自動でアップデートしてくれます。

 

WordPressのアップデートはサーバーの仕様もあわせて確認すること

WoprdPress本体のアップデートに注意をしていても、レンタルサーバーの仕様が古いままだと、セキュリティ面で問題があります。

WordPressには推奨環境があり、現在は下記の通りです。

PHP バージョン 7 以上
MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上

MySQLはサーバー側でアップデートしていますが、PHPはユーザー側で使用バージョンを選べるので、古いバージョンのままになっている例もよくあります。

この機会にレンタルサーバーのPHPとMySQLのバージョンも確認しておくことをおすすめします。

 

日本語

 

関連記事

  1. WordPress 4.9.3 メンテナンスリリース

  2. WordPress固定ページではURLの設定に気をつけること

  3. WordPress 4.9.7 セキュリティ・メンテナンスリリース

  4. アップグレードしましたか? WordPressサイトの改ざん被害は15…

  5. WordPress 4.8.1 が公開されました

  6. WordPress 4.9.8 メンテナンスリース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog