WordPress 4.8.3 セキュリティリリースの提供開始

 

WordPress 4.8.3 セキュリティリリースの提供が開始されました。

 

WordPress4.8.3 セキュリティリリース

日本では昨日あたりからWordPress 4.8.3セキュリティリリースの提供が始まったようで、自動更新完了のメールが届きました。

フジデンキでは、サポート契約をさせていただいているWordPressサイトの通知も来るので、今朝はドカドカとメールが届いていました。

 

今回のWordPress 4.8.3は、4.8.2で不十分だったセキュリティの修正をしたバージョンです。

WordPress 4.8.3 Security Release

WordPressが「4.8.3」にアップデート、前バージョンで不十分だったSQLインジェクションの問題を修正

 

日本のWordPressサイトではまだ更新されていないようですが、既存のWordPressサイトに対しては、日本語版の4.8.3へのアップデートができるようになっています。

WordPressの自動更新が有効になっていれば、セキュリティリリースがあればチェックして自動でアップデートしてくれます。

 

WordPressのアップデートはサーバーの仕様もあわせて確認すること

WoprdPress本体のアップデートに注意をしていても、レンタルサーバーの仕様が古いままだと、セキュリティ面で問題があります。

WordPressには推奨環境があり、現在は下記の通りです。

PHP バージョン 7 以上
MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上

MySQLはサーバー側でアップデートしていますが、PHPはユーザー側で使用バージョンを選べるので、古いバージョンのままになっている例もよくあります。

この機会にレンタルサーバーのPHPとMySQLのバージョンも確認しておくことをおすすめします。

 

日本語

 

関連記事

  1. アップグレードしましたか? WordPressサイトの改ざん被害は15…

  2. ビジネスサイトにおすすめのWordPressテーマ2つ

  3. WordPress 4.9.5 セキュリティ・メンテナンスリリース

  4. WordPressの基本を理解しよう

  5. WordPress、公開から18年

  6. WordPress 4.9.8 メンテナンスリース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine