WordPress 5.1が公開されました

 

本日、WordPress 5.1が公開されました。

 

WordPress 5.1公開!

5月21日(日本時間では5月22日)、WordPress 5.1が公開されました。

 

5.0から5.1とWordPress 5台では初のメジャーアップデートになりますが、ブログの記事によると、今回のアップデートでは下記の3点が大きな改善点となります。

1.エディタのパフォーマンスの改善

今回のバージョンのフォーカスは「洗練」です。特に、エディター全体のパフォーマンスの向上に力を注ぎました。

エディタまわりなどが大きく変わったWordPress5.0でしたが、5.1ではさらにブラッシュアップされたようです。

 

2.サイトヘルス機能

個人的には非常に重要な機能が追加されたと思っています。

WordPressを動作させるにはサーバーのPHPが必要ですが、PHPの古いバージョンではセキュリティ面での危険は大きいですし、WordPressの動作不具合にもつながります。

PHPはレンタルサーバー側の機能なので、気がつかずに古いバージョンのまま使っている・・・という例も多々あります。
WordPress自身でPHPの古いバージョンへの警告を出してくれれば、気がついてレンタルサーバーのメンテナンスにかかることができるので、安全に運用できます。

 

3.エディタの改善

残念ながら新ブロックエディタ「Gutenberg」の完成度はイマイチとの評判でしたが、改善の作業は続けられているようで、いずれはClassic Editorに代わるものとなるのでしょう。

フジデンキでは現時点ではClassic Editor推奨です。

 

 

WordPress環境は最新状態で使うべし!

一番のポイントはセキュリティ面です。
WordPress本体・テーマ・プラグインを最新の状態にすることで、安全に運用することができます。

ただし、一部のプラグインやテーマでは最新のWordPressで不具合を起こすことがあるので、メジャーアップデートは慎重に行うようにします。

※テーマやプラグインは古いものは使わず、開発が継続しているものを使うのがおすすめ、プラグインはあれこれ入れすぎないのもトラブル回避のコツです。

 

サポート契約中のお客様へ

フジデンキでサポート契約をされているお客様のサイトは、本日WordPress 5.1へのアップデートを完了しています。

 

関連記事

  1. WordPress固定ページではURLの設定に気をつけること

  2. どうしてWordPressは狙われるのか?

  3. WordPress 5.3 が公開されました

  4. WordPressとサーバーの仕様を確認しておこう!

  5. WordPressがIE11のサポート終了を検討中

  6. WordPressで使っているPHPのバージョンは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 2月 27日

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine