WordPress 4.9.6 プライバシー・メンテナンスリリース が公開されました(追記あり)

 

WordPressの最新版 WordPress 4.9.5が5月17日(日本時間では5月18日)に公開されました。

※2018年5月21日 9:50 追記しています。

 

WordPress 4.9.6 プライバシー・メンテナンスリリース

今回のWordPress 4.9.6はプライバシー・セキュリティメンテナンスという名称が付いていますが、プライバシーの部分はこの5月25日に適用開始されるEUの一般データ保護規制(GDPR)に関連したものになります。

EU一般データ保護規則(GDPR)の概要は下記の記事が参考になります。

EU一般データ保護規則(GDPR)の概要(前編)
EU一般データ保護規則(GDPR)の概要(後編)

WordPress公式ブログ記事の日本語訳(Google翻訳利用)

 

メンテナンスの部分では、複数の修正箇所があります。

 

末尾に -ja の表示がなくても日本語版

WordPressのアップデートでは、これまでは英語版(-en)が公開され、その後日本語版(-ja)が公開されるという流れでしたが、今回の4.9.6では末尾の国名称がない状態です。

 

末尾に -ja が付いてないのですが、更新ボタンをクリックしてみます。

 

アップデートが終わって表示されたものは、日本語版です。

 

左側のメニューの更新で確認してみると、末尾に -ja が付いた表示になっていました。

 

これまでは末尾に -ja が付いた日本語版が公開されるまで待っていましたが、今回のアップデートではそのあたりが変わったようで、ちょっと戸惑いました。

 

WordPress 4.9.6についての記事は下記になります。
※2018年5月19日11時の時点では日本語版の情報は掲載されていませんでした。

WordPress 4.9.6 Privacy and Maintenance Release

 

追記:2018年5月21日 9:50

この記事を書いた時にアップデートしたブログで、今朝記事をアップするためダッシュボードにログインすると、下記のように更新を促す表示が出ました。

 

更新を確認したところ、末尾に-ja の付いたバージョンが表示されるので、指示に従って更新作業を実施すればOKです。

 

先に公開されたものも日本語化されていますが、-ja の付いたものが正式な日本語版という扱いなのでしょうか?

このあたりは不明ですが、更新しておけば安心ですね。

 

サポート契約をされているお客様へ

フジデンキでウェブサイトのサポート契約をされているお客様のWordPressサイトは、フジデンキで更新作業を実施させていただきました。

 

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です