Google Chrome 次期バージョンでHTTPS/HTTPの表示を変更

 

Google Chromeは、7月に公開が予定されているChrome 68で、HTTPS/HTTPサイトの表示を変更すると発表しました。

 

HTTPSが当たり前の表示へ

7月にリリース予定の「Chrome 68」から、まだHTTPが使われているWebページに対しては、これまでの灰色のアイコンに加えて、一律に「保護されていない通信」の警告文字を灰色で表示されるようになります。。

HTTPSを使ったWebページについては、現在は緑の鍵マークと「保護された通信」の文字を表示していますが、9月に公開予定の「Chrome 69」からは鍵マークが灰色になり、「保護された通信」の文字も表示されなくなります。

出典:Google公式ブログ記事より

Evolving Chrome’s security indicators

 

Googleとしては、「HTTPS化しているのは当たり前だから、何も表示がない状態が安全です」ということを前提にするようです。

そして、そのかわりHTTPサイトへの警告がより厳しくなる仕様になります。

 

さらに厳しくなるHTTPサイトへの警告表示

さらに、10月公開予定のChrome 70以降では、HTTPサイトに対して、現在の灰色の文字に代わって、赤い文字と赤い三角形のアイコンで「保護されていない通信」の警告が表示されるようになります。

出典:Google公式ブログ記事より

 

こうなると、例えば自社のウェブサイトやブログがHTTPのままだと「ウチのウェブサイト・ブログは危険ですよ!」と宣伝しているような状態になってしまいます。

HTTPS化がまだのウェブサイトやブログは今のうちにHTTPS化をすすめるべきでです。

 

Google Chrome、HTTPSサイトの「保護された通信」を非表示に 「デフォルトで安全が前提」

 

HTTPS 常時SSLについての関連記事一覧

常時SSL | 3061.jp @FUJIDENKI

 

関連記事

  1. Googleが提供するアクセス解析&分析ツール

  2. GDPRをきっかけに世界のプライバシー規制が変わるかもしれない

  3. テレビと新聞はユーザーが減少するメディアになっている

  4. Google Analyticsのユーザーインターフェイスが変わりまし…

  5. 年間エディトリアルカレンダーを作ってみました

  6. Chrome 68で 非HTTPS化サイトはすべて「保護されていない」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog