Google Chrome 次期バージョンでHTTPS/HTTPの表示を変更

 

Google Chromeは、7月に公開が予定されているChrome 68で、HTTPS/HTTPサイトの表示を変更すると発表しました。

 

HTTPSが当たり前の表示へ

7月にリリース予定の「Chrome 68」から、まだHTTPが使われているWebページに対しては、これまでの灰色のアイコンに加えて、一律に「保護されていない通信」の警告文字を灰色で表示されるようになります。。

HTTPSを使ったWebページについては、現在は緑の鍵マークと「保護された通信」の文字を表示していますが、9月に公開予定の「Chrome 69」からは鍵マークが灰色になり、「保護された通信」の文字も表示されなくなります。

出典:Google公式ブログ記事より

Evolving Chrome’s security indicators

 

Googleとしては、「HTTPS化しているのは当たり前だから、何も表示がない状態が安全です」ということを前提にするようです。

そして、そのかわりHTTPサイトへの警告がより厳しくなる仕様になります。

 

さらに厳しくなるHTTPサイトへの警告表示

さらに、10月公開予定のChrome 70以降では、HTTPサイトに対して、現在の灰色の文字に代わって、赤い文字と赤い三角形のアイコンで「保護されていない通信」の警告が表示されるようになります。

出典:Google公式ブログ記事より

 

こうなると、例えば自社のウェブサイトやブログがHTTPのままだと「ウチのウェブサイト・ブログは危険ですよ!」と宣伝しているような状態になってしまいます。

HTTPS化がまだのウェブサイトやブログは今のうちにHTTPS化をすすめるべきでです。

 

Google Chrome、HTTPSサイトの「保護された通信」を非表示に 「デフォルトで安全が前提」

 

HTTPS 常時SSLについての関連記事一覧

常時SSL | 3061.jp @FUJIDENKI

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です