Chrome 68で 非HTTPS化サイトはすべて「保護されていない」表示になる

 

Chrome 68で 非HTTPS化サイトはすべて「保護されていません」という表示が出ることになります。

 

Chrome 68で 非HTTPS化サイトはすべて「保護されていない」表示になる

7月23日(日本時間では7月24日)に公開予定のブラウザ Google Chromeの最新バージョン Chrome 68では、非HTTPS化(HTTP)サイトに対して、アドレスバーに 「保護されていません」 の警告を表示するようになります。

これまでは非HTTPS化サイトでも入力フォーム等で入力しようとした時に「保護されていない通信」の警告を表示していますが、Chrome 68では非HTTPS化サイト全ページで「保護されていません」の警告が表示されるようになります。

 

2018年7月13日時点で、Windows版のChrome 67では一足早く非HTTPS化サイトで「保護されていません」の警告が表示されていました。

 

Mac版のChrome 67では警告は表示されていませんが、Chrome 68では、上記のような表示になります。

 

HTTPS化されたサイトではカギマークが付き「保護された通信」と表示されています。

 

Chrome が非 HTTPS サイトに「保護されていません」と表示、2018 年 7 月下旬開始予定 | トレンドマイクロ セキュリティブログ

 

Googleの予定通りの仕様変更

GoogleはChromeの次期バージョンで非HTTPS化サイトに対しての警告表示を強化することはすでに発表済みで、予定通りの仕様変更となります。

Google Chrome 次期バージョンでHTTPS/HTTPの表示を変更 | 3061.jp @FUJIDENKI

HTTPサイトはすべて「安全ではない」表示へ! | 3061.jp @FUJIDENKI

 

非HTTPS化サイトは早急に対策を!

Chromeの仕様変更で他のブラウザではこういった表示は出ませんが、Chromeはブラウザのシェアでトップでユーザーも多いです。

ある日ウェブサイトを表示したら「保護されてません」と警告が表示されたら、そのサイトに対してどんな印象を持つでしょう?

保護されていない という警告が出るサイトを積極的に使いたいと思うユーザーはいないですし、不安を感じて離れ、再度訪れることもなくなる可能性もあります。
さらにお店や会社のイメージダウンになってしまうことも考えられます。

 

運用しているウェブサイトやブログを、まだHTTPS化されていないウェブサイトオーナーさん、担当者さんは、早急にHTTPS化されることをおすめします。

Web担当者は7月の危機に備えよ! 「サイトを開くとChromeが”保護されていない”と警告する」の問い合わせが殺到!?【SEO記事12本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ

 

関連記事

  1. テンプレートは作業効率をアップする最強のツール

  2. HTTPサイトはすべて「安全ではない」表示へ!

  3. Google Analyticsを活用したい方へ

  4. Chrome 62以降ではHTTP接続のフォームはすべて“非セキュア”…

  5. ウェブサイトのHTTPS化はいつまでにすればいい?

  6. システムの脆弱性への対応は迅速にすべし!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. Facebook ビジネスマネージャー
  2. LINE活用
  3. ウェブサイトとブログ
お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog