4月の記事ネタ

 

ブログで継続的に記事を書いていくには、あらかじめネタを探しておき、そのネタを使って記事を書く、というのがポイントです。

少し先を見て準備しておくと慌てずに済みます。・・・ということで、少し先の4月の記事のネタをピックアップしてみましょう。

 

4月の記事ネタ

4月は季節柄イベントが多く、定番の行事がたくさんありますね。

  • エイプリルフール
  • 入学式
  • 入園式
  • 入社式
  • 花見

 

 

この他にも新生活をスタートさせる方も多いですし、新年度のスタートでもあります。
引っ越しをされる方も多い時期ですね。

4月の行事やそれに関連するもの(花や食べ物、衣服など)で、自店・自社に関係するものを書き出し、記事になりそうなものを見つけてみましょう。

改めて考えてみると、毎年当たり前のようにやっているので気がつかないだけで、この時期にPRするのは有効! というものがあるはずです。
思いついたり見つけたことはネタ帳に書き留め、後から見返してみて「記事になるか」を検討し、いけそうなネタを記事にしていくという作業をします。

 

季節ネタは毎年書いてもOK

季節に関する記事で「毎年同じような記事を書いてもいいの?」と迷ってしまうかもしれません。

ウェブサイトに訪れるユーザーは、去年の記事を見ていないかもしれないし、忘れているかもしれない・・・というか、大半はそんなものです。
だから、季節ネタは毎年記事にしてもいいのです。

ただし、前回の記事をまるごとコピーして終わりではいけません。
同じ季節ネタといっても、その年の新しい商品やサービスがあったり、話題もあるはず・・・。それを書き加えることで、その年の記事になるのです。

新しく書くことはSEO対策でも有効

同じ記事を複製するだけのものはGoogleの評価も下がりますので、コピーしたとしても、必ず新しい内容を書き加えるようにします。

以前の記事の投稿日を変更して新しい記事に見なすという手段もありますが、新規の記事を投稿していないので更新情報は通知されませんし、コンテンツが増えたことにはなりません。

新しく記事を書いて投稿することは、SEO対策の点でも有効だということを覚えておきましょう。

 

関連記事

  1. 6月の記事ネタ

  2. WordPressと無料ブログサービスの違い

  3. 読まれる記事のタイトルを決める5つのポイント

  4. 続けるためには完璧を目指さないことも大切

  5. ブログのカテゴリーを作りすぎないようにしよう

  6. タイトル決めの秘訣は “名は体を表す”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 3月 06日
  2. 2019年 3月 20日

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine