レンタルサーバー ロリポップで独自SSLが無料で利用可能になりました

 

人気の低価格レンタルサーバー ロリポップで独自SSLが無料で利用できるようになりました。

ロリポップユーザーさんはサーバー移転なしでHTTPS化(SSL化)可能になりました!

 

ロリポップで独自SSLが無料で利用可能に!

ロリポップでは、7月11日より独自SSLが無料で利用できるようになりました。

無料の独自SSLがご利用いただけるようになりました!

 

無料の独自SSLは、独自ドメインを利用する全プランで利用可能ということで、多くの方が使われている 月額250円のライトプランや、月額500円のスタンダードプランも対象になっています。

契約中の場合は、手続きをしていただくことで利用可能です。

独自SSLのお申込み・設定方法(無料) / セキュリティ / マニュアル – レンタルサーバーならロリポップ!

 

利用時の注意点

SSLが無料で使えるようになったといっても、SSL化(HTTPS化)に際してはウェブサイト側の準備も必要です。

SSL化すると、URLが http:// から、https:// に変更になるので、様々な変更が必要になってきます。
SSL化に際しては事前の確認と準備をしてから計画的に移行しましょう。

 

理想的なSSL化作業は、ウェブサイトのリニューアルにあわせて行うことです。

ウェブサイトリニューアルは常時SSL化の絶好のチャンス | 3061.jp @FUJIDENKI

 

ウェブサイトのSSL化(HTTPS化)は避けられない

このブログでも何度も記事を書いていますが、ウェブサイトの常時SSL化(HTTPS化)はもはや標準仕様になりつつあり、避けられるものではありません。

2017年「ウェブサイトのHTTPS化は待ったなし」の状況へ | 3061.jp @FUJIDENKI

ウェブサイトは常時SSLが標準になる | 3061.jp @FUJIDENKI

 

低価格レンタルサーバーのロリポップが独自SSLを無料で提供するのも、レンタルサーバーも独自SSL標準装備でないと、ユーザーが離れてしまう、集まらない、ということからでないかと思います。

実際にフジデンキのお客様の中にも、独自SSLが無料で利用できるということでエックスサーバーに移転した方もいらっしゃいます。
これからのサーバー選びはSSLが無料(もしくはより上位のSSLが低価格)で使えるということも、大きなポイントになってきます。

 

フジデンキのおすすめサーバー

低価格で運用したい、初めてのウェブサイト運用に

月額250円で運用できる低価格レンタルサーバー ロリポップ
アクセス数が多くなく、ライトな運用向き。
WordPressなど負荷が大きいシステムは若干表示が遅かったり、アクセス数が増えるとさらに遅くなるということがあります。



 

将来を見据えて安定した運用をしたいウェブサイトに

安定した高品質なサーバーと人気が高い エックスサーバー
WordPressもサクサク動き、多少アクセス数が増加してもトラブルが起きることはありません。
複数のWordPressサイトやブログを運用する場合も安心して運用できます。
※フジデンキもエックスサーバーを利用しています。



 

サーバー選びは慎重に

アクセスが増えたらいいサーバーに引っ越すという方法もありますが、レンタルサーバーの引っ越しは様々な作業がありとても大変です。

レンタルサーバーを選ぶ際は、少なくとも4,5年先まで使うことを考え、慎重に検討しましょう。

 

関連記事

  1. ウェブサイトの活用を考える担当者さんに読んでいただきたい特集記事

  2. Google Chrome 次期バージョンでHTTPS/HTTPの表示…

  3. Chrome 68で 非HTTPS化サイトはすべて「保護されていない」…

  4. ウェブサイト運営のカギはアクセス解析にあり!

  5. システムの脆弱性への対応は迅速にすべし!

  6. Chrome 62以降ではHTTP接続のフォームはすべて“非セキュア”…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog