ウェブサイトリニューアルは常時SSL化の絶好のチャンス

 

ウェブサイトは常時SSL化が標準仕様の時代へ・・・という流れは加速しています。

フジデンキでは2016年春に全ウェブサイトを常時SSL化し、同年に制作したウェブサイトは常時SSL化サイトで、現在進行中の新規制作するサイトやリニューアルの案件も、常時SSL化を前提に話を進めています。

 

現在運用中のウェブサイトの常時SSL化をどう進めるか?

既存サイトをSSL化するのはサイトの仕様や規模にもよりますが、相当な作業量になることを覚悟しなければなりません。

また、SSLサーバー証明書の取得では、レンタルサーバーによってはサーバー代より高くなる例もあり、レンタルサーバーの移転も視野に入れなければなりません。

こういったことをあげていくと・・・

サーバーを移転してウェブサイトをリニューアルする

という方法がベストになる場合が多いですね。

 

ウェブサイトをリニューアルするなら常時SSL化も一緒に!

スマホ対応にしたいし、コンテンツの見直しもしたいし、ということでリニューアルを検討されている方は、常時SSL化の絶好のチャンス!

リニューアルの検討事項に「常時SSL化」を加えて、検討されることをおすすめします。

常時SSL化をしやすいレンタルサーバーというのもあるので、レンタルサーバーの移行も含めてリニューアルの検討をするのがいいですね。

 

・・・ここ数ヶ月の間に身近なところでもリニューアルされたウェブサイトがいくつかあるのですが、常時SSL化されてないんですよね。

なんてもったいないことを! と思ってしまう菊地でした。

 

Firefoxが非SSLページでの入力に警告表示 ウェブサイトは常時SSL化必須の時代へ | 3061.jp @FUJIDENKI

ウェブサイトは常時SSLが標準になる | 3061.jp @FUJIDENKI

 

関連記事

  1. GoogleがHTTPS(SSL)化推進に向けて動き出します

  2. ウェブサイトにカンタンにチャット機能を追加する

  3. HTTPSサイトに欠かせないSSLとは?

  4. Falshコンテンツが表示されない時代がやってきた

  5. ウェブサイトはリニューアルを想定して設計する

  6. 2017年 ウェブサイトはどう作る?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog