WordPressサイトのHTTPS化に欠かせないプラグイン

 

既存のWordPressサイトをHTTPS化する際に欠かせないプラグインを紹介します。

 

HTTPS化作業の大変さ

ウェブサイトのHTTPS化は、レンタルサーバーでSSL証明書を設定すればOK・・・ではありません。

非HTTPS化サイトでは、URLが http://example.com/ ですが、HTTPS化すると https://example.com/ になります。
これによってサイトのすべてのページで使っている他のページへのリンクや使用している画像のURLも変更になるわけですが、SSL証明書を有効にしてもサイト内の記述のURLを変更してくれるわけではありません。
変更しないでいると非HTTPS化コンテンツが混在することになり、ページが正常にHTTPS化されていないということでエラーになります

各ページに存在する http://example.com/***** のURLをすべて https://example.com/***** に変更しないと、正常にHTTPS化したことにはなりません。
しかし、ページのリンクはもちろん、使用する画像のリンクまでとなると膨大な量になり、手作業で行うには果てしない手間がかかります。

そこで活躍するのが http://example.com/ を https://example.com/ に一括で置き換えてくれるプラグインです。

 

http:// を https:// に置き換えてくれるプラグイン

まず紹介するのが Search Regex というプラグインです。

日本語化されていますし使い方はシンプルなので、オススメです。

[検索]のウインドウに http://example.com/ と入力し
[置換]のウインドウに https://example.com/ と入力して [検索] をクリックすると、置き換えるべき候補が一覧表示されるので確認。
確認ができたら [すべて置換] をクリックすれば一気にURLを置き換えてくれます。

 

サイトによっては Search Regex で置き換えきれない場合や、エラーが起きることもあるのですが、この場合は Really Simple SSL というプラグインを使います。

有料のオプションもありますが、URLの置換だけなら無料のままで使えます。

 

まとめ

先日HTTPS化したサイトでも Search Regex で置き換えしきれなかったものが出たので、Really Simple SSL を使ったところ、無事正常にHTTPS化できました。
ブログなどではページ数が多くなるので、手作業での修正は不可能というレベルになりますが、こういったプラグインを使えばわずかな手間で置き換えすることができます。

Chromeの次期バージョン Chrome 94以降ではHTTPSファーストが導入され、非HTTPSサイトを表示するとウインドウに警告を表示するようになるようなので、非HTTPSサイトのイメージはとてもよくないものになってしまいます。きちんとHTTPS化して備えたいですね。

 

関連記事

  1. WordPressのテーマカスタマイズで子テーマを使う理由

  2. おすすめのWordPressテーマ 2017年5月

  3. ビジネスサイトにおすすめのWordPressテーマ2つ

  4. WordPress 5.2.4が公開されました

  5. WordPressのカスタマイズは子テーマを使うのが正解なのか?

  6. どうしてWordPressは狙われるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine