HTTPS化後は301リダイレクト設定を忘れずに!

ウェブサイトのHTTPS化を実施して安心・・・ちょっと待ってください!
301リダイレクトの設定はしていますか?

https://〜 と http://〜 は別サイト

ウェブサイトのHTTPS化を実施すると https://example.com/  と https のURLでサイトが表示されるようになります。
アドレスバーのURLにもカギマークが付くのでこれで安心。

しかし、HTTPS化前のURL http://example.com/ と入力してサイトを表示させた時はどうですか?
HTTPS化前のサイトが表示されてしまい、HTTPS化したはずのサイトが一向に表示されない・・・ということになっていないでしょうか?

これはサイトのデータはひとつなのですが、https://〜 と http://〜 どちらのURLでも表示されるために起きる現象です。
お気に入りに保存してあるURLが http://〜 の場合は、それをクリックして表示したサイトはHTTPS化されていないサイトが表示されてしまいます。

 

必ず https://〜 を表示させる設定にする

せっかくHTTPS化したのですから、どんな状況からアクセスしても必ずHTTPS化したサイトを表示させるようにしなければなりません。
そこで欠かせない設定が 301リダイレクト という設定です。
301リダイレクトはサーバーにある .htaccess ファイルにコードを追加することで、所定のURLに転送(=リダイレクト)させることができます。

HTTPS化した場合は、下記のように http://example.com/ を https://example.com/ に転送するような設定になります。

 

HTTPS化後はサーバーの .htaccess ファイルに https://〜 へ転送させる301リダイレクトの設定を追加します。
以下にエックスサーバーとロリポップの設定をまとめた記事を紹介します。

 

まとめ

先日もHTTPS化されたはずのサイトでhttp://〜のURLになってしまうんですが・・・という相談を受けたのですが、サイトのHTTPS化をしても、301リダイレクトを設定していないため、お気に入りから表示している方は、非HTTPSサイトが表示されてしまうためでした。
これは作業を担当した方が知らないのか、忘れているのか、だと思われます。

きちんと301リダイレクト設定をしておけば、http://〜 のURLにアクセスしようとしても、自動的に https://〜 のURLが表示されます。
ブックマークやメールに記載したURLが http://〜 であっても、必ず https://〜 が表示されるので何の問題もありません。

名刺やチラシなどの印刷物のURLが http://〜 のままでも大丈夫・・・というか、URLの記述は従来通り http://〜 でいいです。
http://〜 は https://〜 で表示されるのが当たり前の時代ですし、そうなるサイトにしておかない方が悪いのです。

サイトのHTTPS化をしたら、301リダイレクトの設定も忘れずに!

 

関連記事

  1. ノーコードで変わるウェブサイト制作業界

  2. 背景や文字に黒(ピュアブラック)は使わない

  3. GoogleがHTTPS(SSL)化推進に向けて動き出します

  4. ウェブサイトリニューアルは常時SSL化の絶好のチャンス

  5. エックサーバーで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

  6. ウェブサイトを作るときに検討したいこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine