SafariはHTTPサイトに対し「安全ではありません」を表示する

 

Apple社のブラウザ Safari が、HTTPサイトに対し、安全ではありません を表示する仕様になっています。

 

iPhoneでHTTPサイトを見ると「安全ではありません」の表示が出る

SafariがHTTPサイト(HTTPS化されていないサイト)に対し、「安全ではありません」という表示を出すような仕様になっています。

2019年5月25日時点でHTTPS化されていない 三春町のウェブサイトの例

 

SafariはMacやiPhone、iPadの標準ブラウザになっています。

スマートフォンやタブレットで圧倒的なシェアを持つiPhoneやiPadでウェブサイトを表示するのはSafariになるので、iPhone等のユーザーが非HTTPサイトを表示している間は常に「安全ではありません」の表示が消えないという事態になってしまいます。

 

お店や会社のイメージダウンに繋がる

ウェブサイトを表示すると、URLの前に「安全ではありません」という表示が出続けていたら、利用者はどう思うでしょう?

2019年5月25日時点でHTTPS化されていない みはる観光協会のウェブサイトの例

 

仕組みをわかっている人であれば「まだHTTPS化されていないんだな。」程度に見てくれますが、一般のユーザーにとっては「安全ではありません」という表示が出ていると不安を感じます。

インターネットのセキュリティへの関心が高くなっている昨今ですから、こういった表示に敏感なユーザーも増えています。
「あそこのサイトって 安全じゃない みたいだよ。」 と悪いイメージを持たれたり、口コミで広がってしまったりする可能性があります。

 

非HTTPSサイトは迅速な対策をおすすめします

SafariはMacでも同様に「安全ではありません」の表示を出しますし、Windows・Macで多くのシェアを持つChromeも「保護されていない」という表示を出す仕様になっています。

 

フリースポットなどの公衆無線LANの普及で、ウェブサイト利用時の通信の安全性も重要視されています。

ウェブサイトを訪れてくれたユーザーが安心して利用できる環境を提供するのはとても大切なことです。

まだHTTPS化していないサイトを運用されているサイトオーナーさん、担当者さんには、できるだけ迅速な対応をおすすめします。

 

関連記事

  1. ブラウザシェア、Chromeがトップ、IEは大きく減少

  2. モバイルからのインターネット利用がパソコンを追い越した

  3. Google Analyticsのユーザーインターフェイスが変わりまし…

  4. ウェブサイトやブログのURLを改めて考えてみる

  5. Amazonの読み放題サービスは情報の宝庫だ!

  6. システムの脆弱性への対応は迅速にすべし!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 5月 29日
  2. 2019年 6月 20日

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog