Chromeでは https:// が標準になる

 

先日公開されたChromeの新バージョン Chrome 90 では、https:// が標準扱いになります。

Chrome 90では https:// が標準になる

Googleは2015年頃からウェブサイトのHTTPS化(常時SSL化)を推進してきましたが、2021年現在、多くのウェブサイトがHTTPS化され、ウェブサイトはHTTPSが標準仕様といっても過言ではありません。

そして2021年4月14日に公開されたGoogleのブラウザ最新バージョン Chrome 90 では、https:// を標準として扱う仕様になりました。

アドレスバーに example.com と入力した場合、Chrome 89までは http://example.com をあたってから https://example.com に行く仕様でしたが、Cgrome 90以降では最初に https://example.com に行き、httpsに対応していない場合は http://example.com に行く仕様になりました。

Chromeはすでに HTTPプロトコルを介して配信されるファイルのダウンロードはブロックする仕様になっていましたが、ウェブブラウジングにおいても、完全に https:// を優先する仕様になったことになります。

 

ウェブサイトのHTTPS化はお済みですか?

あなたのお店や会社のウェブサイトやブログはHTTPS化されていますか?

ウェブサイトをとりまく環境はすでにHTTPS化されたものが標準で、HTTPS化されていないものは危険、注意すべきという扱いになっています。

ChromeでHTTPS化されてないサイトを表示するとこうなる

お店や会社のサイトを表示した際に上記のような表示が出たら、サイトを訪れたお客様はどう感じるでしょう?
まだHTTPS化が済んでいないという場合は、ぜひHTTPS化を実施しましょう。

 

関連記事

  1. Chrome 68の非HTTPSサイトへの警告表示はWindowsとM…

  2. ウェブサイト担当者さんにおすすめのスマホアプリ

  3. インストール不要! 無料でかっこいい画像が簡単に作ることができるCan…

  4. ChromeのFlashからHTML5への完全移行は2017年10月に…

  5. Firefoxが非SSLページでの入力に警告表示 ウェブサイトは常時S…

  6. 超簡単! 超便利! iPhoneで撮った写真を簡単にリサイズする方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine