Chrome 69公開 HTTPSサイトが当たり前の仕様に変化

 

Googleのブラウザ Chromeの最新版 Chrome 69が公開されました。

Chromeは9月1日で10周年だそうです。

 

Chrome 69ではHTTPSサイトが当たり前の扱い

Chrome 69の公開で、ウェブ屋として気になる点はHTTPSサイトの扱いの変化です。

これまではHTTPSサイトにはカギマークとともに「保護された通信」の表示が出ていましたが、Chrome 69ではカギマークのみになりました。

 

HTTPSサイトでの表示を簡素化したのは、HTTPSサイトが当たり前である と言いたいGoogleの思いでしょう。

更に次期バージョンではカギマークすらなくす方向で検討しているようです。

反対に、非HTTPS(HTTP)サイトに対しては、「保護されていない通信」がこれまでより目立つように表示されるようになりました。

 

非HTTPSサイトについては、次期バージョンで入力フォームを利用すると更に赤いバッジを表示し、危険性を訴える仕様になります。

この仕様は、Chromeの開発版であるChrome Canaryで実装済みで、動作を確認することができます。

 

非HTTPSサイトは速やかにHTTPS化を!

公衆無線LANの普及もあり、ウェブサイト利用時の安全性が重要視されています。

すでに多くのウェブサイトがHTTPS化していますが、こうしたブラウザ側の仕様変更でHTTPS化は更に進むと思われます。

何よりも自店・自社のサイトで「保護されていない通信」と表示されるのは、「このお店(会社)のウェブサイトは危険なの?」と思われ、大きなイメージダウンになってしまいます。

 

フジデンキでは2016年からウェブサイトのHTTPS化(常時SSL化)についておすすめしてきましたが、いよいよHTTPSサイトが標準となる時代になりました。

HTTPS化されていないウェブサイトのオーナーさん、担当者さんは速やかにHTTPS化されることをおすすめします。

 

Chrome 69には新機能が多数追加された

Chrome 69ではパスワードの自動生成機能など、多数の機能が追加されています。

ここでは触れませんが、下記の記事などを参考に確認してみてください。

 

 

関連記事

  1. PCとモバイルの同時表示ができるブラウザ Blisk はウェブ担当者さ…

  2. マイクロソフトのブログエディタ Live Writer のサポートが終…

  3. Firefoxが非SSLページでの入力に警告表示 ウェブサイトは常時S…

  4. Chrome 69はFlashへの制限がさらに厳しくなる

  5. インストール不要! 無料でかっこいい画像が簡単に作ることができるCan…

  6. Asanaをエディトルアルカレンダーとして使う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. I ♡ NISHITA
お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog