背景や文字に黒(ピュアブラック)は使わない

 

ウェブサイトをデザインする際、背景や文字に真っ黒(ピュアブラック)は使わない・・・ということを意識して制作していたのですが、その理由を明確に回答している記事を見つけたので紹介します。

 

背景や文字に黒(ピュアブラック)は使わない

菊地は以前からウェブサイトのデザインをする際、背景や文字に黒(カラーコードでは #000000)を使わないように意識しています※。

※デザイン的に狙っている場合を除く

背景が真っ白のところに黒の文字だと、コントラストが強くギラギラした感じになり、文字を読んでいるうちに目が疲れてしまいます。
背景が黒に白文字も同じ要因で目が疲れます。

白い背景の場合は、黒からグレーや茶色方向へ少しずらしたカーラーコード(色)で設定すると、ぐっと落ち着いて見やすくなります。

 

このサイトのテキストカラーもピュアブラックではなくやや明るめにした色になっています。
ほんのわずかな差ですが、下記で黒(ピュアブラック)との比較をしています。


黒(カラーコード #000000) この文字の色は黒(ピュアブラックです)

 

このサイトの文字(カラーコード #2d2d2d) この文字の色がこのサイトの文字色です


少しの文字だとあまり感じませんが、文字がある程度詰まっているとその差が出てきて、目に対する疲れにもつながります。

 

文字や背景にピュアブラックを使ってはいけない理由

この件についての明確な内容が下記の記事にあります。

 

上記記事からの引用ですが、テキスト、背景それぞれのピュアブラックとややずらした色の違いをあらわした画像があります。

※2画像とも 文字や背景にピュアブラックを使ってはいけない理由 より引用

 

ほんの少しの違いですが、こういった点にも気をつけて、より見やすいサイトを作るようっこころがけています。

 

関連記事

  1. ウェブサイトリニューアルは常時SSL化の絶好のチャンス

  2. Internet Explorerを動作対象から外してもいいのか?

  3. Internet Explorer 11のサポート終了カウントダウンが…

  4. 最近のアプリでよく使われるメニューアイコンの呼び名について

  5. ドメイン

    ドメインってどれを選べばいいの?

  6. 使われなくなった規格には理由がある

    使われなくなった規格には理由がある:フレーム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog