エックスサーバー オールSSD RAID10へ!

 

レンタルサーバーのエックスサーバーがストレージをSSD RAID10にする! という情報が入ってきました。

 

エックスサーバーがオールSSD RAID10採用

エックスサーバーは2017年7月11日受付分から、SSD RAID10※で構成されたサーバーになると発表しました。

ディスク読み込み速度が48倍以上!新規受付サーバーへのオールSSD RAID10構成採用のお知らせ

従来のHDD環境と比較して最大48倍の読み込み速度になるということで、表示や動作の高速化が期待できます。

※RAID10=ストライピング+ミラーリング

【ストライピングとは】
複数台のディスクを使用することで、データの読み書きを効率化し、処理速度を向上させる仕組みです。

【ミラーリングとは】
同じデータを複数台のディスクに書き込みすることで、耐障害性を高める仕組みです。

 

既存ユーザーもSSD RAID10へ変更予定

エックスサーバーの発表では、現在利用中のユーザーも2017年冬より順次、オールSSD構成への変更が可能になるそうです。

【sv2001.xserver.jp~sv2999.xserver.jp サーバー】
2017年冬より順次、オールSSD構成への変更を予定しております。
詳細が決まりましたら、改めてご案内いたします。

【sv1.xserver.jp~sv1999.xserver.jp サーバー】
2017年秋より順次、オールSSD構成への変更を予定しておりますが、
最新サーバー環境へ簡単に移行できる「新サーバー簡単移行」機能を利用することにより、ご利用サーバーの構成変更をお待ちいただくことなく、オールSSD構成の最新サーバー環境へ移行することが可能です。

 

エックスサーバーは高評価

エックスサーバーは有名なブロガーさんたちの間でも、アクセス数が増加しても表示が遅くならないと評価が高いですが、いち早く無料で独自SSLを利用できるようにするなど、サービス面でもとても充実しています。

月額1,000円(1年払い)のX10(スタンダード)プランは、品質と機能からみて、非常にコストパフォーマンスがいいプランで、フジデンキでも使用していますし、ご相談を受けた際は、エックスサーバーのX10プランをおすすめしています。



 

関連記事

  1. LINE公式アカウントのリッチメニューを活用する

  2. サブドメインとサブディレクトリの違い

  3. 複数の無料写真素材サイトをまとめて検索してくれるサービス

  4. Googleが提供するアクセス解析&分析ツール

  5. Chrome 68で 非HTTPS化サイトはすべて「保護されていない」…

  6. 自社運営の通販システム、メンテナンスは実施していますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. LINE活用
  2. ウェブサイトとブログ
お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog