数字で見る 2017年のウェブサイト常時SSL化状況

 

世界・国内主要企業の常時SSL化状況についての調査結果が発表され、この1年で常時SSL化は大きく進んでいることがわかりました。

 

世界・国内主要企業サイトの常時SSL化は進んでいる

あとらす二十一の調査結果によると、世界・国内主要企業サイトでhttps完全対応・http併用のサイトになっているものは約50%になっているそうです。

世界主要企業サイト 常時SSL対応状況

出典:あとらす二十一の調査結果より

 

国内主要企業サイト 常時SSL対応状況

出典:あとらす二十一の調査結果より

 

世界・国内主要企業 常時SSL対応調査 2017年8月版|あとらす二十一のWEBマーケティングサービス

 

国内主要サイトのhttps完全対応伸び率は10倍

菊地が注目したのは、国内主要サイトのhttps完全対応の状況。

2016年5月の調査結果では1.3%だったものが、2017年8月の調査結果では12.0%と、約10倍に伸びています。

 

参考記事

「世界・国内主要企業 常時SSL対応調査 2017年8月版 」を発表。世界・国内主要企業サイトの常時SSL対応が5割に | 無料プレスリリース配信ならプレスリリース ゼロ

世界・国内主要企業 常時SSL対応調査 2017年8月版|あとらす二十一のWEBマーケティングサービス

国内主要企業サイトの常時SSL対応は1割程度、欧州・北米が高い傾向に

 

まとめ

この1年でhttps完全対応(常時SSL化)は急速に進んでいる・・・ということが、数字にもはっきり出ています。
常時SSL化サイトが20%、30%となってくると、さらに加速度的に進むと予想されます。

大きな企業サイトはもちろん、小規模であれ商用サイトでは、サイトの信頼性はその会社やお店の信頼性につながるので、常時SSL化が欠かせない仕様になることは間違いありません。

フジデンキでは去年からサイト制作・リニューアル時には常時SSL化をおすすめし、採用していただいていますが、今後も積極的に常時SSL化サイトのご提案をさせていただきます。

 

関連記事

  1. Internet Explorerを動作対象から外してもいいのか?

  2. ムームードメインのWordPressのホスティングサービス

  3. ウェブサイトは常時SSLが標準になる

  4. ウェブサイトのリニューアルで失敗しないために検討すべき5つのこと

  5. 最近のアプリでよく使われるメニューアイコンの呼び名について

  6. ウェブサイトはリニューアルを想定して設計する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog