ウェブサイトリニューアル時に抑えておきたい 7つのこと

business-1839876_1280

 

ウェブサイトを取り巻く環境は進化が早いので、5年程度でウェブサイトの根本的な見直しをするのが理想です。

見直してウェブサイトのリニューアルをする際に、抑えておきたい7つのことをあげてみます。

 

ウェブサイトリニューアル時に抑えておきたい 7つのこと

1.目的の再確認

「ウェブサイトの目的は何か?」「ウェブサイトで上げたい成果は何か?」を改めて確認します。

目的を再確認することで、ウェブサイトでやるべきことがはっきりしてきます。

 

2.ターゲットの明確化

あなたのウェブサイトのターゲットはどんな方たちでしょう?

性別や年齢層に合わせた内容はもちろんですが、ウェブサイトデザインやインターフェイスも最適化したいところです。

 

3.常時SSL化

今後、ウェブサイトは常時SSL化サイトが標準となってきます。

リニューアルは常時SSL化の絶好の機会ですので、常時SSL化を踏まえたリニューアルプランを立てるようにしましょう。

ウェブサイトは常時SSLが標準になる | 3061.jp @FUJIDENKI

 

4.SNS連携

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを利用している場合や、今後活用したい場合は、ウェブサイトやブログとSNSを連携させましょう。

ウェブサイトのお知らせやブログの更新を自動的にSNSに投稿できるようにしておけば、手間をかけずに各SNSを利用して情報を拡散することができます。

 

social-media-1795578_960_720

 

5.スマホ対応

スマートフォンやタブレットで快適に利用できるスマホ対応は必須です。

Googleのモバイルファーストインデックス導入に備えたウェブサイトにするのが理想です。

Googleが導入するモバイルファースト インデックスでどう変わる? | 3061.jp @FUJIDENKI

 

6.Googleマイビジネス設定

Googleの検索、特にスマホなどモバイル検索で非常に重要な役割を果たす Googleマイビジネス の登録はしていますか?

Googleマイビジネスの登録がまだの場合は、リニューアルを機会に、いや、今すぐ、登録しておきましょう。

Google の無料ビジネス リスティング | Google マイビジネス – Google

 

7.自分で更新できるウェブサイトにする

更新を100%外注する場合を除いて、自分で更新できるウェブサイト にしましょう。

自分で更新できれば、伝えたい情報を伝えたいタイミングで発信することができますし、メンテナンスなども自分でできます。

 

まとめ

リニューアルは、コンテンツの見直しの他に、その時代に合ったウェブサイトにする ということ実行する絶好の機会です。

アクセス解析や成果など現状の分析、ウェブサイトのいい点と改善点の洗い出しをし、計画的にリニューアル作業を進めていくことをおすすめします。

 

関連記事

  1. ブログからメインサイトに誘導する工夫をする

  2. GDPRとGDPRに対応したWordPressの扱いについて

  3. IE、EdgeのFlash対応は2020年末まで

  4. Google Analyticsを活用したい方へ

  5. 記事は蓄積する

  6. ウェブサイト運営の注意点 2020年版

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine