更新を継続するために、楽するための仕組みをつくる

ec-tool

 

ウェブサイトやブログを更新し続けるのは大変です。

実際に運営している方は実感されていると思いますが、更新を継続するための仕組みをつくると、作業がぐっと楽なります。

 

楽するための仕組みをつくる

例えば「ブログの記事を書く際に必ず決まった画像を入れる」という作業があったとすれば、一度使ったコードを保存しておき、次回からの記事ではそのコードを貼り付ければ簡単です。

菊地は運営するウェブサイトでよく使うバナーなどは、バナーを貼り付けるためのコードをEvernoteに保存しておきます。

img-evcode

 

バナーを貼りたい場合は、Evernoteに保存してあるコードをコピーして、貼り付ければOK。

この作業、数秒で済んでしまいます。

3061.jp|FUJIDENKI

 

毎週発行しているメールマガジンも、毎回決まっている定型の内容はテンプレートとして保存しておき、記事だけを書けばいいようにしています。

img-mgtem

 

繰り返しの作業は案外多い

日々の作業の中には、毎回同じことを書いたり、同じ作業をすることが思った以上に多いものです。

作業内容は人それぞれ違いますので、ご自分の作業内容をよく見直し、繰り返しの作業でテンプレート化できるものがあれば、設定してみましょう。

一度設定して使ってみると「どうして早くからこれをやらなかったんだ!」と思うはずです。

 

継続するにはそのための技がある

毎日のようにブログの記事を書いている方たちには、皆さんそれぞれに「続けるための技」があります。

ブログに書くためのネタを集めるネタ帳を持っていたり、隙間時間に下書きをかけるようにスマホアプリを利用していたり、記事中に使用するための写真素材をまとめておいたり・・・それぞれ何かしら工夫をしています。

自分が作業していて「大変だな」「面倒だな」と感じたことを楽にできないか? と考えてみるのが、自分なりの技を持つポイントになります。

改めて自分の作業を見直してみてはいかがでしょうか?

 

このブログでは、今後、継続していくための楽する仕組みにつくりについても紹介していきますので、お楽しみに!

 

菊地も愛読するプロ・ブロガー本。

第一線で活躍するプロのブロガーさんが使う技を紹介しています。

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です