マイクロソフトのブログエディタ Live Writer のサポートが終了します

pexels-photo

 

マイクロソフトが提供するブログエディタ Windows Live Writer のサポートが、2017年1月10日に終了します。

 

Windows Live Writerのサポート終了

マイクロソフトは Windows Essentials 2012 のサポートを、2017年1月10日に終了すると発表しました。

Windows Essentials 2012には、以下のソフトが含まれています。

  • メッセンジャー
  • Windows Liveメール
  • フォトギャラリー
  • ムービーメーカー
  • Windows Live Writer
  • OneDrive
  • Windows Liveファミリーセーフティ

Windows Live Writerは、ワープロで文章を作るような感覚でブログ記事を書ける、ということで、Windowsでブログを書くユーザーの間でよく使われています。
WordPressサイトも対応していたため、3061.jpで制作させていただいたお客様の間でも、使われている方がいらっしゃいます。

Microsoft、「Windows Essentials 2012」のサポートを2017年1月10日に終了

 

windowslivewriter

 

マイクロソフトは、このWindows Live Writerを含む Windows Essentials 2012 のサポートを終了するため、Live Writerのサポートも終了ということになります。

サポートが終了しても利用できないわけではありませんが、WordPressの仕様が変わるなどした場合に対応しなくなったり、不具合が発生しても修正するためのプログラムが提供されないなど、継続利用には不安があります。

 

WordPressのビジュアルエディタを使う

WordPressには標準でビジュアルエディタが用意されていますので、これを使うことでWindows Live Writerのように、ワープロ感覚で記事を作成することができます。

img-wp-1

Windows Live Writerをお使いの方は、この機会にWordPress標準のエディタを使ってみてはいかがでしょうか?

 

あとがき

少し前から、Windows Essentials 2012をダウンロードしようとすると、これまであったページが見当たらなくて、ダウンロードセンターでダウンロードしなければならなくなっていて、おかしいな・・・と思っていたら、サポート終了の発表でした。

考えてみると、Windows Essentials 2012の名前のように、2012年に公開されて、バージョンアップもされていなかったわけで、マイクロソフトは見切りをつけていたんでしょうね。

サポートが終了すると、何かと問題が起きることがあるので、ここはサクッと使用をやめて、別の方法を使うのがいいと思います。

WordPressに関しては、ダッシュボードのエディタもよくなっているので、それを使うのがおすすめです。

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です