テンプレートは作業効率をアップする最強のツール

 

ウェブサイトやブログの更新作業で役立つのがテンプレート。

よく使うフレーズやリンクなど、繰り返し使うものは、テンプレートを作って保存しておき、コピー&ペーストすることで、手間を省くことができます。

 

よく使うものはテンプレートを作る

例えば、ブログの記事の最後にお店や会社のウェブサイトへのバナーを貼りたい・・・という場合は、バナーを貼るためのコードのテンプレートを作っておきます。

これをコピーして記事に貼り付けるだけでOK!

フジデンキ

 

この他にも定型のあいさつ文や住所や電話番号等の連絡先など、よく使うものがあれば、テンプレート化しておくと便利です。

フジデンキでは毎週発行するメールマガジンの原稿もテンプレートを作っておき、それに記事を書き足すスタイルで原稿を作成しています。

フジデンキのメルマガテンプレート iA Writerというエディタを使っています

 

テンプレートの保管場所

作ったテンプレートは、必要な時にすぐ開いて使えるようにしておきたいので、ご自分がよく使うツールを使うのがいいでしょう。

 

Evernote

Evernoteを使ってる方は、Evernoteにノートブックを作ってテンプレートをまとめておくのがおすすめ!
何でも保存できるEvernoteは万能選手です。

思いついたことを簡単に記録できます。

 

Scrapbox

菊地はコードの保存用にScrapboxというウェブサービスを使っています。

Scrapboxはコードの保存場所に使える – penchi.jp

Scrapboxはコード以外の情報も保存できるので、最近はウェブサイト運用のための情報やデータを保存し活用しています。

Scrapbox

 

Slack

IT系技術者に人気のSlackも便利です。

英語のサービスなので導入にはちょっとハードルが高いですが、テキストはもちろん、コード保管用の機能もあるので、テンプレート保管用にも使えます。

Slack: Where work happens

Slackが日本語寄りになって使いやすくなってきた – penchi.jp

 

一度環境を整えれば楽をできる

テンプレートの作成や保管場所の用意など、手間がかかると感じるかもしれませんが、一度手間をかけて環境を整えておけば、その後の作業は格段に楽になります。

作業が楽にできる、快適にできれば、更新作業の負担も減るので、少しの手間で更新できる・・・結果、マメに更新できるということになります。

日々の作業を見直して「これはテンプレート化しておいた方がいいな。」と思うことがあったら、まずそこから手をつけてみませんか?

 

お店や会社のブログ活用塾

 

関連記事

  1. オウンドメディアってなに?

  2. ウェブ担当者さんにおすすめの3アプリ

  3. レンタルサーバーの管理が必要な理由

  4. Google Chrome 次期バージョンでHTTPS/HTTPの表示…

  5. ウェブサイトがないことはお店がないのと同じ時代になってきた

  6. あなたのお店や会社のサービスをお客様は知らないかも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog