WordPressのテーマカスタマイズで子テーマを使う理由

 

WordPressサイトではテーマを使って見た目を変えることができます。
さらにそのテーマをカスタマイズして自分好みに変更することができますが、この際は子テーマを使うことを推奨しています。

その理由は?

 

WordPressのテーマカスタマイズで子テーマを使う理由

WordPressに少し慣れてくると、既存のテーマに満足せず、あそこをこうしたいという欲が出てきます。
そんな時はテーマをカスタマイズすればいいのですが、テーマ本体をカスタマイズすると、そのテーマのアップデートがあった場合、その作業はやり直しになってしまいます。

アップデートせずに使い続けるという手もありますが、そのうちにWordPress本体のバージョンアップに伴い、古いテーマでは不具合が起きるということもあるので、アップデートしないで使うことはおすすめできません。

 

このようなことを回避するために、WordPressテーマのカスタマイズは子テーマを使うことが推奨されています。

子テーマは、親となるテーマをインストールしておき、その一部を独立した形でカスタマイズするので、親となるテーマ本体には手をつけません。
カスタマイズしたい部分だけを子テーマとして設定するので、どこをカスタマイズしたかが明確になるので、管理も楽になりますし、カスタマイズに失敗してもやり直しは楽です。

 

子テーマは親テーマと共存する

子テーマは親テーマがないと使えないので、WordPress上で共存しています。
このサイトはLightningというテーマを使っていますが、カスタマイズするために Lightning Child という子テーマを設定しています。

 

Lightningは配布サイトで子テーマのサンプルを配布しているので、それを利用しています。

 

ダウンロードして調整した子テーマは、FTPソフトでWordPressのテーマディレクトリにアップすれば、ダッシュボードでテーマを適用することができます。

 

子テーマに関する情報

WordPress公式サイトでは、子テーマの作り方についての解説ページがあります。

子テーマ – WordPress Codex 日本語版

 

また、下記のサイトの記事もわかりやすく参考になりますので、子テーマを作りたい方はぜひご覧ください。

子テーマを作ってWordPressの既存テーマをカスタマイズする方法

 

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です