WordPressからのお知らせをメールやSlackに送り確実にチェックする

 

WordPressサイトを安全に運用するために欠かせないWordPressのアップデート。

アップデート可能になるとダッシュボードに表示されますが、WordPressサイトにお知らせが掲載されたらメールやSlackなどに通知されるようにしておくと便利です。

 

WordPress公式ブログのFeedを利用して通知させる

WordPressのリリース情報などのお知らせは、WordPress公式ブログに掲載されます。

日本語

 

ブログにはFeedがあるので、これを利用して使いたいサービスと組み合わせることで更新通知を送ることができます。

WordPress公式ブログのFeed
https://ja.wordpress.org/news/feed/

 

IFTTTを使ってメールに通知させる

サービス同士の連携と言えば IFTTT が定番ですが、IFTTTを使ってWordPressの更新通知をメールに送ることができます。

IFTTT

WordPressのアップデートをいち早くメールで受け取る方法 | 3061.jp @FUJIDENKI

WordPressブログのFeedをメールに送るレシピ例

メールの送り先はIFTTTで設定したメールアドレスになりますが、Gmailを連携させることもできます。
レシピの内容も自分の好みでアレンジ可能です。

 

更新通知をSlackに送る

菊地が使っている方法は、WordPressブログのFeedをSlackのRSSアプリに登録して、指定したチャンネルに通知させる方法です。

SlaclのアプリからRSSを選び、WordPressブログのFeedと、送り先のチャンネルを設定すればOK!

 

ブログが更新されると、Slackのチャンネルに通知されます。

 

菊地は、#wordpress_info というWordPressやテーマのお知らせを集める専用チャンネルを作って、WordPress以外にも、使用しているテーマのブログのFeedを登録して更新情報を確認できるようにしています。

仕分けなどの管理が不要なので、メールではなくSlackを利用しています。

Slack: Where work happens

Slackが日本語寄りになって使いやすくなってきた – penchi.jp

 

WordPressは常に最新の状態に!

今年に入ってから大きな被害を出した WordPressサイトの改ざん被害も、WordPressを最新のものにしておけば防ぐことができたことです。

ウェブサイト担当者さん、オーナーさんは、WordPressのセキュリティ情報のチェックを心がけて、自社サイトのWordPressを最新の状態にしておくようにしましょう。

 

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です