ネット接続OSとしてAndroidがWindowsを超えてトップに!

 

ネット利用はモバイル端末のシェアが大きくなっていると言われていましたが、ついにネット接続OSとして、AndroidがWindowsを抜いてトップになったという調査結果が発表されました。

 

ネット接続OSとしてAndroidがWindowsを超えてトップに!

アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterは4月3日(現地時間)、インターネットに接続するOSに関する調査で、米GoogleのAndroidが初めて米MicrosoftのWindowsを抜き、トップに立ったと発表した。

Androidが37.93%、Windowsは37.91%と、その差はわずか0.02ポイントではあるが、StatCounterは「これは1980年代から続いてきたMicrosoftの天下の終わりを意味する」と語った。

3位は米AppleのモバイルOS「iOS」(13.09%)、4位はAppleのデスクトップOS「OS X」(5.17%)だった。

<下記記事より抜粋>

Android、ネットに接続するOSとしてWindows超え初のトップに──StatCounter調べ

 

Windowsは2012年から見事な右肩下がり。かといってMacが伸びているわけでもなく、大きくシェアを伸ばしたのはAndroidでした。

世界でのOSシェア推移(資料:StatCouner)

 

日本国内ではAndroidが4位

日本では上記の結果と大きく差があり

Windows 54.92%
iOS 12.07%
OS X 8.60%
Android 1.85%

という結果になっているそうです。
感覚的にはAndroidももっと多いような気がしますが、上記の調査結果ではこのようなシェアです。

 

モバイルサイトは品質が求められる時代へ

ウェブサイトのモバイル対応は標準仕様という時代になっているこの時代、これから求められるのは、役立つ情報がある使いやすいモバイルサイトであると言えます。

SEO対策としてのモバイル対応ではなく、ユーザーのためのモバイル対応を心がけて、運用していきたいですね。

 

関連記事

  1. Google Analyticsのユーザーインターフェイスが変わりまし…

  2. オウンドメディアってなに?

  3. レンタルサーバーが続々とSSLを標準機能に

  4. Chrome 62以降ではHTTP接続のフォームはすべて“非セキュア”…

  5. 継続するために必要なこと

  6. EC-CUBE向け無償簡易セキュリティ診断

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog