ネット接続OSとしてAndroidがWindowsを超えてトップに!

 

ネット利用はモバイル端末のシェアが大きくなっていると言われていましたが、ついにネット接続OSとして、AndroidがWindowsを抜いてトップになったという調査結果が発表されました。

 

ネット接続OSとしてAndroidがWindowsを超えてトップに!

アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterは4月3日(現地時間)、インターネットに接続するOSに関する調査で、米GoogleのAndroidが初めて米MicrosoftのWindowsを抜き、トップに立ったと発表した。

Androidが37.93%、Windowsは37.91%と、その差はわずか0.02ポイントではあるが、StatCounterは「これは1980年代から続いてきたMicrosoftの天下の終わりを意味する」と語った。

3位は米AppleのモバイルOS「iOS」(13.09%)、4位はAppleのデスクトップOS「OS X」(5.17%)だった。

<下記記事より抜粋>

Android、ネットに接続するOSとしてWindows超え初のトップに──StatCounter調べ

 

Windowsは2012年から見事な右肩下がり。かといってMacが伸びているわけでもなく、大きくシェアを伸ばしたのはAndroidでした。

世界でのOSシェア推移(資料:StatCouner)

 

日本国内ではAndroidが4位

日本では上記の結果と大きく差があり

Windows 54.92%
iOS 12.07%
OS X 8.60%
Android 1.85%

という結果になっているそうです。
感覚的にはAndroidももっと多いような気がしますが、上記の調査結果ではこのようなシェアです。

 

モバイルサイトは品質が求められる時代へ

ウェブサイトのモバイル対応は標準仕様という時代になっているこの時代、これから求められるのは、役立つ情報がある使いやすいモバイルサイトであると言えます。

SEO対策としてのモバイル対応ではなく、ユーザーのためのモバイル対応を心がけて、運用していきたいですね。

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です