2018年 スマホ対応してないと検索結果の順位が激下がりする?

 

Googleがモバイルファーストインデックスを導入すると発表したのは2016年10月でしたが、あれから1年以上が経過した2017年12月に進捗状況が発表されました。

 

Googleのモバイルファーストインデックスとは?

Googleのモバルファーストインデックスは簡単に言うと

ウェブサイトの評価対象をスマホサイトにして、その評価をもとに検索結果の順位を決める

ということです。

モバイルファーストインデックス発表時に書いた記事がこれ。↓

Googleが導入するモバイルファースト インデックスでどう変わる? | 3061.jp @FUJIDENKI

 

従来はPCサイトが評価の対象になっていましたが、モバイルファーストインデックスの導入で、評価対象はスマホ(モバイル)サイトになります。

これによって、モバイルサイトを持っていないサイト※は評価対象がない状態になりますし、PC用とモバイル用サイトを別に運用している場合は、モバイルサイトのコンテンツもPCサイト同様に充実させておかないと評価が下がってしまうことになります。

※うちのサイトはスマホでも表示するよ、ということではなく、Googleがモバイルフレンドリーと認めたサイトであるかどうかがポイントです。

 

Googleのモバイルファーストインデックス進捗状況

2017年12月にGoogleが発表した内容は下記の記事です。

モバイル ファースト インデックスに向けてサイトを準備するためのヒント

 

難しいことがたくさん書いてありますが、重要なポイントは下記の2点。

  1. レスポンシブ・ウェブ・デザインのサイトであれば問題はない
  2. PC版とモバイル版を分けて運用している場合は、モバイル版もPC版同様に質の高いコンテンツを掲載すること

 

レスポンシブ・ウェブ・デザインのサイトにして質の高いコンテンツを継続的に掲載していく ということをしていれば、Googleのモバイルファーストインデックスは何ら気にする必要はないということです。

 

 

モバイル非対応サイトは早急な対策が必要

問題はモバイルサイトを持たない、または簡易的なモバイルサイトしかないというサイトです。

モバイルファーストインデックスが浸透すればするほど、これらのサイトの評価は下がる=検索結果の表示順位が下がる ことになりますので、早急に対策をする必要があります。

気がついたら検索結果の順位が激下がり・・・ということも。

ウェブ担当者さん、オーナーさん、あなたのウェブサイトは大丈夫ですか?

 

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です