• SEO

スマホ未対応サイトは2021年にGoogleから消える

 

2021年3月以降、スマホ未対応サイトはGoogleの検索結果に表示されなくなる可能性が出てきました。

 

Googleは2021年3月末にモバイルファーストインデックスへ完全移行

Googleは2021年3月末からすべてのサイトをモバイルファーストインデックス(MFI)に移行する予定です。
当初の予定では2020年9月に実施予定だったものが延期されていたのですが、2021年3月に移行することが決定したようです。

下記は関連文書です。

 

モバイルファーストインデックス完全移行で起きること

例えば、PC版とモバイル版を分けて制作・運用している場合は、PC版はGoogleにインデックスされないため、検索結果に表示されない可能性があります。パソコンで検索してもスマートフォンで検索しても同じモバイルファーストインデックスのデータを使うので、パソコンで検索しても表示されません。

また、古い規格で作られたサイトはスマホ対応の規格でないことが多く、これらのサイトもインデックスされない=検索結果に表示されないということになります。
典型的な例では、15年以上前に流行ったテーブルタグでレイアウトされたサイトはこの対象になります。

 

スマホ対応になっているかどうかを確認する

サイトがGoogleが認めるスマホ対応の規格に適合しているかどうかは、Googleのモバイルフレンドリーテストで確認できます。

上記サイトのウインドウに確認したいサイトのURLを入力しテストを実施すると、モバイルフレンドリーになっているかどうかの結果が表示されます。

Googleがモバイルフレンドリーであると認めたサイトは下記のような表示。
この表示になっていれば、今後も安心して運用していけます。

 

Googleがモバイルフレンドリーでないと判定したサイトは下記のような表示になります。

この場合は、2021年3月以降、Googleの検索結果に表示されなくなる可能性が大きいです。
修正すべき問題点が表示されますので、速やかに改善しましょう。

 

Googleに表示されない=ネット上に存在しない

Googleの検索結果に表示されないということはネット上に存在しない というくらいの重大事です。
検索からの流入(アクセス)がなくなるわけですから、アクセス数の大幅減、結果ネット経由の成果が上がらないという事態に陥ります。

もし、モバイルフレンドリーテストで「モバイルフレンドリーではありません」という結果になっていたら、早急に改善しましょう。

 

関連記事

  1. ウェブサイトの表示速度を気にしてみる

  2. モバイルサイトでもページの表示速度が重要になってくる

  3. Googleが低品質サイトの評価を下げるアップデートを実施

  4. あなたのサイトは大丈夫? Googleのペナルティを受けないように注意…

  5. Googleがアルゴリズム変更のフレッドアップデートを実施

  6. Googleのモバイル対応 2017年はこうなる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine