ヘタなデジカメよりiPhoneのカメラの方がいい理由

 

ブログやウェブサイトに掲載する写真を撮影する際、どんなカメラで撮っていますか?

ヘタなデジカメよりiPhoneのカメラの方がキレイで便利だったりします。

 

ヘタなデジカメよりiPhoneのカメラの方がいい理由

少し前に、下記のツイートが話題になりました。

ヨドバシの店員さん、神対応! と話題になりましたが、確かに3万円程度のデジタルカメラは中途半端で、新しいiPhoneのカメラの方が性能も機能も上ですね。

 

特に iPhone 7 Plus のカメラはスゴイ!

ここ2,3年のiPhoneのカメラはいずれも高性能ですが、iPhone 7 Plusでは、ポートレートモードという機能が加わり、一眼レフカメラで撮るようなボケ感のある写真(メインの素材はくっきりで背景はボケる、というヤツ)が撮れるようになりました。


↑ iPhone 7 Plus のポートレートモードで撮った写真 マウスにピントが合って、背景がボケています。

iPhone 7 Plusでは、広角と望遠の2つのカメラを持ち、2倍光学ズーム(+10倍デジタルズーム)など、基本機能も充実し、コンパクトデジタルカメラを凌ぐ性能です。

 

写真の共有が簡単!

iPhoneで撮った写真はiCloudやGoogleフォト、Dropbox、OneDriveなどの機能を使って、クラウドにアップロードすることができるので、パソコンと簡単に共有することができます。

Googleフォトのように、一定のサイズであれば容量無制限に保存してくれるサービスもあり、データのバックアップにもなります。

 

iPhoneで画像加工ができる

iPhoneにはたくさんのカメラアプリがあり、撮った写真の画質を調整したり、加工することもできます。

パソコンでは有料のソフトでないとできないような加工を、iPhoneでは無料のアプリでできたりするのも大きな魅力です。

AdobeのLightroomもモバイル版は無料で利用できます。

Adobe Photoshop Lightroom for iPad

無料
(2017.08.05時点)
posted with ポチレバ

 

iPhoneでそのまま記事を作って投稿も可能

FacebookページやTwitter、Instagramはもちろんですが、WordPressサイトでは、iPhoneのアプリでブログやウェブサイトのページを作成や編集することもできます。

出先で写真を撮って、その場で記事を作成して投稿する(モブログと言います。)ことも可能です。

WordPress

無料
(2017.08.05時点)
posted with ポチレバ

 

カメラは両極化の時代

ブログの記事など気軽に撮って記事にしたいものはiPhoneのカメラでも十分ですが、写真でインパクトを与えるために全面に使うような場合は一眼レフやミラーレスの本格的なカメラを使う・・・というように、使い分けの時代になっています。

2,3万円台のコンパクトカメラはどっちつかずになり、中途半端な存在になっているのは事実。・・・実際にスマートフォンのカメラ性能向上の影響でコンパクトデジカメの市場は壊滅的な打撃を受けています。

スマートフォンのカメラも様々ですが、カメラ性能をウリにしている機種のカメラは、本当にキレイですね。

ウェブ担当者さんは、スマホでキレイに写真を撮るコツを身に付けておくと、デジカメ要らずで済みそうな時代になってきました。

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です