「見せる」を意識した記事を書く

 

パソコンよりスマートフォンでのネット利用が多くなっている現在、ブログ等の記事を書く際は、「読ませる」より「見せる」ことを意識した記事を書くことが重要です。

 

画像を使う

1000文字の文章より1枚の写真、と言われるくらい、写真や画像は重要です。
記事の内容を表現できる写真があれば、積極的に使いましょう。

特に、スマートフォンの画面は狭いので、キャッチーな写真や画像は大切です。

 

「見せる」タイトルをつける

最高の見本は Yahoo! JAPANのトップページにあるニュースのタイトル。

参考:Yahoo! JAPANトップページのニュース

ここで使われるタイトルの文字数は9〜13文字。この文字数は人間が一度見て認識できる範囲と言われています。

また、内容も読みやすい=声に出して読みやすいものになっている点にも注目。
自分でタイトルを決める際、声に出して読んでみて、読みやすさを確認するといいですね。

 

アイキャッチを有効に使う

記事の最初にアイキャッチ画像を使うことをすすめていますが、アイキャッチ画像に記事のキーワードを入れるのも効果的です。
アイキャッチに使うことでそのワードがより強調され、記事の内容も想像しやすくなります。

アイキャッチに文字を入れるのは、パソコンのソフトやスマホアプリでもできますが、ウェブサービスを使うのもおすすめです。

Canvaにはスマホアプリもあります。

 

まとめ

画像を有効に使い、少ない文字で完結にわかりやすく使える・・・ことがイマドキの記事づくりのポイントです。

長くなりそうな記事は分割することを考えましょう。

作成した記事はパソコンとスマホで読み返し、自分自身で読みやすいか、理解しやすいか、読んだときどんな印象か、といったことを感じてみましょう。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です