SEOを意識して記事を書く

 

ブログの記事を書く際、SEO※を意識して記事を書くようにしてみましょう。

※SEO(Search Engine Optimization)= 検索エンジン最適化

 

SEOを意識して記事を書く5つのポイント

1.1記事1キーワード

記事の内容に則したキーワードをひとつ決めます。

記事のテーマを1つのキーワードに置き換えることが、SEOに強いブログを書くためのポイントになります。

キーワードを選ぶ際はGoogleのキーワードプランナーが参考になります。

 

2.検索のされ方を意識する

ユーザーがどんなキーワードで検索してくるか? を意識してみましょう。

どんなユーザーに読んでもらいたいか=どんなキーワードで検索してくるか になりますので、1のキーワード選びとともに、検討して記事を書くことが重要です。

 

3.信頼性のある記事を書く

その記事に信頼性はあるのか? Googleは特にその点を見ています。

その記事の内容を証明するようなデータやリンクを引用する、独自の考え方を追加してオリジナリティを高める、難しい語句の解説を補足的に入れるなどして、記事の信頼性を高めましょう。

 

 

4.オリジナリティを出す

記事作成に際しては、引用だけではなく、必ず自分の意見や見解を書くようにします。

主題になる内容に関連した、自社の取り組みや見解、体験談などは、オリジナリティを出すための有効なコンテンツです。

 

5.読みやすい記事を書く

いくら内容がしっかりしていても、読みにくい記事では読んでもらいにくくなります。

記事を書いたら、公開前に読み返し、読みやすさや誤字脱字などをチェックしましょう。声に出して読んでみるのも有効です。

さらに、見出しをつけたり、強調したい文字は太字にする、関連した画像を加えるなど、アクセントをつけることで、見やすさ=読みやすさがアップします。

 

まとめ

Googleには検索品質評価ガイドラインというものがあり、Googleの評価基準が設定されています。

その時代に合わせて毎年更新されていいますが、基本的な部分では上記のことを意識して実践していれば間違いないでしょう。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です