Internet Explorerを動作対象から外してもいいのか?

 

2020年1月にChromiumベースのEdgeがリリースされ、マイクロソフトはEdgeをメインブラウザとして成長させていいます。
そこで問題になってくるのがInternet Explorer(以下IE)。
今回はIEについてのお話しです。

 

新しいEdgeはWindows8.1でも利用できる

これまでのEdgeはWindows 10だけで動作するブラウザで、Windows 8.1や7では利用できませんでしたが、新たに公開されたChromiumベースのEdgeはWindows 8.1や7でも利用可能になりました。

 

下記のページのリンクからダウンロードページに入ってダウンロードしてインストールすることができます。

 

Internet Explorerを動作対象から外してもいいのか?

マイクロソフトは以前からIEを使わないようにと公式ブログでも明言していますし、Windows 8.1や7でもEdgeが利用できるようになったのだからIEはもう終わり・・・なのでしょうか?

ウェブサイトの制作サイドからすると、W3Cの規格に準拠しなかったIEは制作したウェブサイトの表示にズレが生じることがあり、IEのために追加修正しなければならいないシーンが多発するなど、やっかいな存在でした。
しかし、Windowsの標準ブラウザで多くのシェアを持つIEを無視することはできず、手間をかけて対応させていたわけです。

 

新しいEdgeが全Windowsに対応したし、IEのシェアも下がっているから、ウェブサイトの制作時の動作テストの対象から外していいのでは? という雰囲気ができつつあります。

果たしてそれは正解なのか?

興味深い記事があったので紹介します。

 

詳細は記事を読んでいただくとして、IEの動作テストに関してはアンケートの回答では75%の方が動作テストの対象にすべき、という結果でした。

 

フジデンキの対応

フジデンキではIEも動作テストの対象にすべきであると考え、実際に動作テストを行い、正常に表示・動作するウェブサイトを制作しています。

 

フジデンキで動作テストを実施するブラウザ

Windows

  • Edge
  • Chrome
  • Firefox
  • Internet Explorer

Mac

  • Safari
  • Chrome
  • Firefox
  • Edge

iOS

  • Safari
  • Chrome
  • Firefox
  • Edge

Android

  • Chrome
  • Firefox
  • Edge

 

IEには一定数のユーザーがいることを忘れてはならない

シェアを落としているとはいえ、IEにはある調査では12%以上のシェアがあると言われていますし、Windows 10以前のWindowsではIEが標準ブラウザのままです。

 

いくらマイクロソフトがEdgeを使えるようにしても、自らダウンロードしてインストールしなければならないのはハードルが高いユーザーもいますし、そもそもIE以外の存在を知らないユーザーも多数います。・・・これはパソコン修理でお客様とお話ししていてよく見かけます。

ウェブサイトの制作をしている方の中には、「IEは時代遅れなので動作対象としません。」と言っている方もいるようですが、作り手側の都合で一定数存在するユーザーを無視するようなことをしてはいけないと思います。

一部のコアなユーザーをターゲットとする尖ったサイトならいいですが、幅広い世代を対象とするウェブサイトでは、IEを無視してはいけません。

 

IEのみ表示が崩れる不具合

つい最近もあるサイトの表示が崩れていてまともに使えない、という相談を受けたのですが、予想通りIEでのみ発生する表示の崩れでした。

WordPressのブロックエディタプラグイン Elementor Page Builderが書き出すCSS(スタイルシート)がIEに対応していないことが原因です。
そもそもこのプラグイン自体がIE非対応なのですが、ページをレイアウトするために書き出すCSSもIEでは不具合が起きる内容になってしまう例があるようです。

 

これは作り手側の都合で発生する不具合です。
Elementor Page Builderを使わずに制作すれば、表示ズレが起きるようなサイトにはならないはず。

ブロックエディタを使いたければ、WordPress 5以降で標準装備された Gutenberg(グーテンベルグ) を使うこともできます。

 

まとめ

現状ではよほど特殊なことをするウェブサイト以外では、IEでも正常に表示するサイトを制作する必要があります。

幅広い年齢層をターゲットにしている場合、特に年配の方も対象にしている場合はIE対応は必須事項です。
(Windows 10になっても「使い慣れているから」という理由でIEを使う年配の方は多いです。)

あなたのお店や会社のウェブサイトはIEで正常に表示されますか?

 

関連記事

  1. 使われなくなった規格には理由がある

    使われなくなった規格には理由がある:フレーム

  2. ロリポップで常時SSL化した際に設定する301リダイレクト

  3. ウェブサイトのリニューアルで失敗しないために検討すべき5つのこと

  4. 最近のアプリでよく使われるメニューアイコンの呼び名について

  5. ムームードメインのWordPressのホスティングサービス

  6. ウェブサイトにカンタンにチャット機能を追加する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 2月 19日
  2. 2020年 2月 20日

新着記事

  1. Facebook ビジネスマネージャー
お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine