読まれる記事のタイトルを決める5つのポイント

 

ブログの記事を書く際、タイトルの付け方で悩んでいませんか?

読まれる記事にするにはタイトルの付け方も重要。大切な5つのポイントを紹介します。

 

読まれる記事のタイトルを決める5つのポイント

ブログの記事で最初に目にするのがタイトル。
タイトルで記事を読むか読まないか決めてしまわれることもあるくらい重要な部分です。

 

タイトルに最適な文字数は32文字以内

タイトルは32文字以内で・・・これは、Googleの検索結果の表示で、記事タイトルの文字数が32文字までしか表示されない ということからきています。

必ず32文字以内に収めなければならないというわけではありませんが、目安として32文字以内を意識してタイトルを付けるのがおすすめです。

 

人気の固有名詞を入れる

固有名詞はワード検索でヒットしやすくなるうえに目立つので効果的です。
コンテンツに無関係な固有名詞を使うのはNGですし、逆効果ですが、適切な使い方をすれば効果はアップします。

 

具体的な数字を入れる

***に効く3つのポイント や 40代から始める*** のように、数字が入ると、わかりやすく興味を惹きやすいです。

また、通信費を年間○万円節約できる、といった具体的な数字は説得力があります。

 

 

キーワードをタイトルの左側に入れる

記事で強調したい、検索されたいキーワードをタイトルに入れるのはもちろんですが、より強化するならタイトルの左側(先頭)に入れましょう。

横書きの場合、左から読み始めるので、左側のキーワードはより見てもらいやすいということになります。

 

 

タイトルにベネフィットを入れる

ベネフィット・・・読んで得られる利益です。

この記事を読むとこんなメリットがありますよ、こんな情報を得られますよ、ということがわかれば、読もう!という気になりますよね。

 

まとめ

なんとなく付けてしまいがちな記事のタイトルですが、ちょっと気をつけただけで検索で表示されやすくなり、アクセス数がアップすることがあります。

記事のタイトルを付ける際は、あれこれ試行錯誤しながら、効果的なタイトルの付け方を検証してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

  1. アウトプットを意識して情報を集める3つのコツ

  2. 9月の記事ネタ

  3. 読まれるためのブログ記事の書き方

  4. 情報収集の時間をつくる

  5. ブログ記事の加筆・修正していますか?

  6. 記事のタイトルの効果的な付け方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 2月 12日

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog