ブラウザシェア、Chromeがトップ、IEは大きく減少

 

ある調査によると、この11月のブラウザのシェアは、Chromeがトップ、IEは大きくシェアを落としているそうです。

 

ブラウザシェアはChromeが過半数を超えている

マイナビニュースの記事から。

IEが大きく減少 – 11月ブラウザシェア

Chromeが55.83%と圧倒的なシェアを持っています。先月からさらにシェアを伸ばし、勢いがありますね。

IEは開発も終了しているので、シェアを落とすのはわかりますが、そのかわりになるはずのEdgeもポイントを落としているのは、マイクロソフトも予想外の事態でしょう。

IEからEdgeというマイクロソフトの思い描くような移行はなされれいないのが現実です。

画像出典:マイナビニュース記事より

 

最近のウェブサイトはCSSでのデザインになり、ブラウザで見え方が大きく変わる、表示がズレる、といったこともないので、以前ほどブラウザのことを気にする必要はありませんが、ウェブサイト担当者さんやオーナーさんは、各ブラウザで自社のサイトがどう表示されるのかということを確認しておくようにしましょう。

 

関連記事

  1. ワンランク上のカメラテクニックを学べる連載記事

  2. ウェブサイトの焦点をぼかさない

  3. レンタルサーバーの管理が必要な理由

  4. IE、EdgeのFlash対応は2020年末まで

  5. ウェブサイトのアクセス数が伸びません どうしてでしょう?

  6. ヘタなデジカメよりiPhoneのカメラの方がいい理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine