• SNS

Facebookの利用実態は? アンケートから見る現状

Facebookの利用状況に関するアンケート結果の記事が2つ公開され、予想通り?の結果になっていました。

10〜20代のFacebook利用者は少ない

SheepDogが2021年5月に行った『10代・20代の方を対象とした、Facebookの認知/利用に関するアンケート』を分析した記事が公開されました。

アンケート結果では、10〜20代のでは Facebookを知ってはいるけど、使っていない という層が多いことがわかりました。

特に注目したのは、「知っているが利用したことがない」というユーザーが43%以上いたこと。
10〜20代のユーザーにとっては、自分たちが利用するサービスではない・・・という感覚になっているんでしょうね。

一時期はFacebookページでいいね!してもらうユーザーを増やして拡販に繋げる、という手法がいいとされてきましたが、すべてのユーザーに通じる手法ではなくなっています。

 

SNSは対象となるユーザーに合わせて活用する

SNSといっても、Facebook、Instagram、Twitter、それぞれ利用するユーザー層に違いがあります。
お店や会社側の都合で活用するSNSを決めても、利用するお客様が利用していないSNSでは効果を上げることはできません。

それぞれのSNSを運用し、インサイト(アクセス解析)のデータを分析したり、実際のお客様の反応を確認しながら、注力すべきSNSは何かを調べてみましょう。
反応がいいSNSがわかれば、それをメインとして情報発信をしていくようにすれば、効率よく運用できます。

 

参考記事

 

関連記事

  1. SocialDogの予約投稿機能を活用する

  2. お店や会社のInstagramは プロアカウントに切り替えを!

  3. Twitterで予約投稿をする方法

  4. SNSは特徴を理解して活用する

  5. LINE公式アカウントの友だち追加ボタンの確認を!

  6. お店や会社で使うLINE公式アカウントが変わります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine