自分で書くことの重要性

 

Googleの評価はコンテンツ重視、そのコンテンツは「自分で書くこと」が最もよいとされています。

「自分で書くこと」が重視されるのはどうしてなのでしょうか?

 

ユーザーは確かな情報を求めている

ウェブサイトで情報を探している人は、確かな情報を求めています。
誰しも間違いたくないですし、失敗したくはありません。だから、確かな情報が欲しいのです。

確かな情報としては、実際に扱っている人や使っている人からの情報が、一番信頼性があります。

例えばパソコンであれば、様々なメーカーや製品がありますが、メーカーからそのメーカーからの情報しかありませんが、複数のメーカーを扱っているお店や販売スタッフであれば、そのメーカーや製品のメリット・デメリットを知っているので、確かな情報を得ることができます。

それがユーザー(お客様)が求める情報であり、Googleが評価する「ユーザーにとって役立つ情報」なのです。

 

あなたがあなたの言葉で書くこと

コンテンツは「あなた自身が、あなたの言葉で書く」ということが重要です。

実際に扱っている人ならでは、プロの目線ならではの内容は、他の人には書けません。

プロのライターさんと比べると文章力では劣ったとしても、現場の人間ならではの内容がありますし、ものの見方、捉え方があるので、文章力をカバーする説得力があります。

 

 

専門用語は控えること

コンテンツを作成する際は、専門用語を控えるようにしましょう。

内容は確かな情報でも、ユーザーにとってわかりにくければ、それは役立つ情報、いい情報にはなりません。

その業界では当たり前の用語でも、ユーザーにとってはよくわからない専門用語なのです。
専門用語はできるだけ一般的にわかる言葉に置き換えて作成するよう心がけましょう。

 

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です