WordPress 5.2 が公開されました

 

本日、WordPress 5.2が公開されました。

 

WordPress 5.2 が公開されました

かねてからの予告通り、WordPress 5.2が公開されました。

日本語版WordPress 5.2も同時に公開されています。

 

WordPress 5.2にアップデートする

既存サイトでは、ダッシュボードにログインすると下記のように WordPress 5.2が利用可能です! という表示が出ています。

今すぐ利用する をクリックしアップデートしましょう。

 

WordPressの更新 画面で、WordPress 5.2-ja になっていることを確認し、[今すぐ更新] ボタンをクリックします。

※下にある WordPress 5.2-en_US は英語版ですので、こちらは利用しないように。

 

少し待つとアップデートが終わり、WordPress 5.2へようこそ の表示が出ます。

 

アップデートが済んだら、サイトやブログが正常に表示、動作するかを確認しておきましょう。

テーマやプラグインなどのアップデートがあれば、あわせて実施するのをお忘れなく!

 

WordPress 5.2で追加された機能

大きな追加機能はリカバリーモードです。

WordPressのシステムが致命的なエラーを起こした場合、これまでは何も表示されない画面真っ白(死のホワイトスクリーンと呼ばれる)の状態になってしまい復旧が大変でしたが、WordPress 5.2に搭載されたリカバリーモードでは、エラーが発生するとメールが送信され、そのメール内にあるリンクからダッシュボードに入り復旧作業ができるようになっています。

また、WordPress 5.2では、サポートされるPHPのバージョンが5.6.20以上になり、古いバージョンのPHP※のサポートが打ち切られています。
※PHPの古いバージョンはセキュリティ面で危険性があります。

WordPressの動作要件ではPHPのバージョンは7.3以上となっています。

 

WordPressは最新の状態で使いましょう

普及とともに狙われることが多くなったWordPressサイトですが、その最大の防衛策はWordPressを最新の状態すること です。

WordPressのセキュリティアップデートは自動更新されますが、大きなバージョンアップは手動で行う必要があります。

WordsPressサイトを運用・管理している方は、ダッシュボードにログインし、アップデートがあったら実施してWordPressを最新の状態にすることを心がけましょう。

 

 

関連記事

  1. WordPress 5.0で従来のビジュアルエディタを使う

  2. WordPress固定ページではURLの設定に気をつけること

  3. WordPress 4.8.1 が公開されました

  4. WordPress 4.9.7 セキュリティ・メンテナンスリリース

  5. WordPressとの出会いから10年

  6. WordPress 5.3 が公開されました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 5月 08日
  2. 2019年 5月 20日

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog