WordPress 5.8が公開されました

WordPress 5.8が公開されました。

WordPress 5.8 公開

かねてからの予定通りこの7月20日(日本時間では7月21日)に、WordPress 5.8が公開されました。

今回のバージョンで大きく変わったのは、ウィジェット。
これまでの仕様からグーテンベルグで使われているブロックを使うスタイルに変わっています。
すでにグーテンベルグでお使いの方はそれほど違和感はないかと思いますが、クラシックエディタをお使いの方は馴染みのないスタイルで戸惑いが大きいのではないかと思います。

ブロックエディタは表現力が高いので、ウィジェットもこれまで以上に活用しやすくなりそうで期待しています。

 

従来のウィジェットで使いたい場合は、Classic Widgetsというプラグインが用意されています。

Classic Widgets は WordPress チームがメンテナンスする公式プラグインです。従来の (「クラシック」) WordPress ウィジェット設定画面を戻します。少なくとも2022年まで、または必要な期間、サポートとメンテナンスが行われます。

有効化すると、プラグインは、従来のウィジェット設定画面を戻し、ウィジェット管理のブロックエディターを無効化します。他の設定はありません。プラグインの有効、無効を切り替えると、ウィジェット設定画面も有効、無効と切り替わります。

 

関連記事

  1. どうしてWordPressは狙われるのか?

  2. WordPress 4.8.1 が公開されました

  3. WordPress 4.8.2 がリリースされています

  4. WordPress安全対策 ニックネームを設定する

  5. WordPressサイトのHTTPS化に欠かせないプラグイン

  6. WordPressサイトの健康診断ができるサイトヘルス機能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine