アップグレードしましたか? WordPressサイトの改ざん被害は150万件超え

 

WordPressの脆弱性を悪用した改ざん被害は、急激に増加し、150万件を超え、その脆弱性は最悪級の脆弱性 と言われています。

 

わずか数日で150万件の改ざん被害に

1月下旬にWordPress 4.7.2を公開した後に、前バージョンの脆弱性が発表されましたが、アメリカのセキュリティ企業 Sucuriによると、2月6日時点で改ざんされたページは6万6000件でしたが、3日後の2月9日には150万件を超えるページで改ざん被害が出ているようです。

その脆弱性は 最悪級の脆弱性 と位置づけられています。

WordPressサイトの改ざん被害は150万件超に 「最悪級の脆弱性」

 

WordPress 4.7.2へのアップデートを!

上記のIT mediaの記事によると

それぞれの攻撃集団が互いに競って脆弱性のあるWordPressサイトを改ざんし、何度も被害に遭っているサイトもあるとFeedjitは報告。「今回被害に遭っているWebサイトは、WordPress 4.7.2にアップグレードするまで、何度も何度も改ざんされ続ける」と警告している。

ということで、脆弱性を改修した最新版にアップデートしない限り、改ざんされるづける恐れがあります。

運用中のWordPressを最新版のWordPress 4.7.2にアップデートすることで、今回の被害は食い止めることができますので、現時点でWordPress 4.7.2になっていない場合は、一刻も早くアップデートしてください。

WordPressのアップデートはダッシュボード(管理画面)にログインし、アップデートすることができます。

 

フジデンキでサポート契約をされているウェブサイトさんのWordPressは、当店でアップデートの作業を実施済です。
最新版になっていますのでご安心ください。

 

関連記事

  1. WordPress固定ページではURLの設定に気をつけること

  2. WordPress 4.7.4 が公開されました

  3. 間もなくリリースされるWordPress 5.0は大きく変わる

  4. WordPress 4.9が公開されました

  5. WordPressのテーマカスタマイズで子テーマを使う理由

  6. WordPress安全対策 ニックネームを設定する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog